『大学として卒業までに身につけて欲しい知識・能力(2012年度〜)』
学生が修得すべき知識・能力(教育・学習到達目標)

問題解決力

共通の達成目標 課題とその原因を把握し、その問題の解決には複数のアプローチと解決策があることを認識するとともに、様々なリソースやツールを使い、具体的な解決策を立案することができる。さらに、解決のための方策を実行し、その結果を検証し、計画の見直しや次の解決策に反映することができる。
レベル1 (課題の理解)
何が課題か理解している。
レベル2 (課題の構造化と解決策の提案)
課題の因果関係を理解し、構造化できる。
また、課題を解決するための方策について提案できる。
レベル3 (複数の解決策の提示と解決策の立案)
多くの課題には複数の解決のためのアプローチがあり、また複数の解決策がありうることを認識し、解決のための具体的な方策を立案できる。
レベル4 (解決のための方策の実行と結果の検証)
解決のための方策を実行し、その結果を検証し、計画の見直しや次の解決策に反映することができる。