jimamaライブinウエスレヤン|受験情報Blog|入試情報

体験してはじめて分かることがあります。まずは、長崎ウエスレヤン大学を訪れて、私たちと会話をしませんか。大学の模擬授業やキャンパスツアー、個別相談など準備しています。
お問い合わせ 【入試広報課】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

jimamaライブinウエスレヤン

2005年9月17日 (土曜日) 10:53 | 投稿者:【koho

「でいご/月下美人」が沖縄チャート4位と大好評!のアーティストjimamaさんのライブを9月10日沖縄レインボーホテルで開催しました。

jimamaこと宮平照美さんは、本学の前身長崎ウエスレヤン短期大学の卒業生。アーティストとして歌を歌うようになったきっかけは、恩師である本学教授ロメロ先生(国際交流学科)の強い勧めにより、大学祭のステージに立って歌ったことのようです。







このライブは、本学の保護者会「長崎ウエスレヤン大学後援会」沖縄支部総会の懇親会の一部として開催されました。当日は、沖縄在住の保護者の皆様をはじめ、翌日に行われた進学ガイダンス参加者の高校生や、沖縄出身の在学生、沖縄在住の同窓生など多数参加。

会場となった沖縄レインボーホテルのステージでは、アットホームな雰囲気のなか、「月下美人〜ボッサ・ヴァージョン〜」、「ガーリック・トースト」、新曲「DEAR 愛しいひとへ」など5曲を熱唱。最後の曲「でいご」では、感動のあまり、涙をぼとぼとこぼす同窓生も。



jimamaさんはステージの上で、ウエスレヤンですごした時間について振り返ってくれました。

「ウエスレヤンで過ごした時間は、私のなかですごく大切な時間でした。歌うことはもちろん、たくさんのきっかけを与えてくれた場所です。素敵な恩師の先生をはじめ、大学でのいろいろな人たちとの出会いが今の自分につながっています」

それから、受験生へのメッセージも。

「高校生、特に受験の頃って、はっきり目標を持っている人もいるかもしれないけど、実は、ほとんどの人が何をしたら良いか迷っていて、でも何かしなくちゃいけない、と焦ってるって時期だと思うんです。私もそうでした。とりあえず英語をもっと学びたいと思って、『英語』ってだけしか頭のなかになくて、自分の夢が何なのか、将来のことをはっきりと決められないまま、ウエスレヤンに入学しましたが、そこで、たくさんのきっかけを与えてもらって、視野が広がり、自分が何をやりたいのかが、だんだんとわかるようになっていきました。ウエスレヤンでの時間は私の中での宝です」

ステージの最後には、在学生より大きな花束と長崎名物のカステラと手づくりもなかがプレゼントされました。


ライブの後、懇親会で記念撮影。

jimama公式ホームページhttp://www.jimama.net/top.html

jimamaインタビュー
http://okinawa.rik.ne.jp/contents/okinawa/speak/jimama/index.html




Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.

受験生向け情報

  • 2021年度 受験生向けガイドブック
  • 長崎ウエスレヤン大学 ビッグバンド特待生
  • スポーツ特別入試についてはこちら

注目コンテンツ

  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
     テレメールで資料請求する
  • 長崎ウエスレヤン大学 学生がつくるCMプロジェクト
  • 長崎ウエスレヤン大学×夢ナビTALK | 3分で学問を伝えよう。

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ


第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール