AO(アドミッションズオフィス)入試|入試制度一覧|入試情報

AO(アドミッションズオフィス)入試|入試制度一覧|入試情報
AO(アドミッションズオフィス)入試とは、Admissions Office(アドミッションズオフィス)の略称で、学力試験を行わず、進路相談形式の面談を評価基準においた入試制度です。
お問い合わせ 【入試広報課】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063
AO(アドミッションズオフィス)入試とは、Admissions Office(アドミッションズオフィス)の略称で、学力試験を行わず、進路相談形式の面談を評価基準においた入試制度です。

AO(アドミッションズオフィス)入試をご検討される方へ

AO(アドミッションズオフィス)入試とは、Admissions Office(アドミッションズオフィス)の略称で、学力試験を行わず、進路相談形式の面談を評価基準においた入試制度です。
●学力試験を行わず、面談を通してあなたの「夢」と向き合います。
●長崎ウエスレヤン大学で学ぶことを強く希望する人を対象とした入試です。
●あなたの大学への適性を総合的に評価する学力試験無しの入試制度です。

推薦入試との違いは「進路相談」としての面談です。

AO入試では、出願の前に面談を行い、あなたの関心分野と本学の教育内容が合っているかどうか、そして本学で学ぶことによってあなたの持てる力が大きく伸びる可能性があるかどうかを時間をかけて相談します。

AO(アドミッションズオフィス)入試において本学が求める学生像

(1) 「福祉の心」を持ち、社会福祉の実現に寄与することを希望する人
(2) 家庭・地域社会などで結ばれた人々の集団であるコミュニティの問題に関心がある人
(3) 世の中の動き(社会や経済のシステム)に敏感である人
(4) 外国語が好きで、留学や国際社会での活躍に興味がある人
(5) 特色ある活動に継続的に取り組んできた人
(6) 環境・国際交流などの民間活動・地域活動に取り組んできた人
(7) 社会福祉関連の活動に従事している人
(8) ボランティア活動をしている人


AO入試の手順

Step1「エントリーシート」受付け

(1)「エントリーシート(志望学科レポート課題含む)」、(2)「志望理由書」、(3)「最終学校卒業証明書」(3)「最終学校成績証明書」または「調査書」を本学まで持参または郵送してください。エントリー受付期間内必着

Step2「面談」

面談日について本学から志願者に連絡し都合のよい日時・場所を相談します。

Step3「面談通知結果」

面談の結果は随時お知らせします。出願が許可された場合は下記の「出願手続き」を行ってください。

Step4「出願手続き」

入学検定料を納入し、出願書類を提出してください。

Step5「合格発表」

出願書類受理後、志願者宛て直接通知
(1)合否については志願者本人宛て郵送(速達・簡易書留)にて通知いたします。
    合格者にはあわせて入学手続書類を同封します。
(2)掲示発表、電報による通知等は行いません。

2018年度AOエントリー課題【更新日:2017年8月8日】

2018年度のAO入試課題は以下の通りです。(各課題は、PDFファイルでご覧いただくことができます)

学科
 社会福祉学科の課題はこちらからダウンロード
 経済政策学科の課題はこちらからダウンロード
 外国語学科の課題はこちらからダウンロード

 

特別入試実施内容【更新日:2017年6月29日】

区分 試験区分コード 入試名 出願期間 試験日 合格発表日 入学手続き締切 試験会場 選考方法/試験科目
特別入試 AO入試(普通科・専門・総合学科選抜) [エントリー受付]
2017年8月1日(火)〜
2018年3月27日(火)締切

[出願]
エントリー後の面談後、直接通知
正式出願の前に面談を1回実施。
面談日は直接通知
出願書類受理後直接通知 合格者宛て
直接通知
エントリー期間中の面談会場は直接通知 事前面談、およびエントリーシート・出願書類を含む書類審査
スポーツ特別選抜試験(※3)
社会人・シニア・ブロンズ・スチューデント入試(※2)
帰国子女特別入試 AO入試要項に準拠の上、実施。※受験該当資格、受験する試験区分など詳細は本学までお問い合わせください。

備考
※2:「社会人」について
入学年4月1日付20歳以上で、本学出願時に学籍を有しない者。(入学年4月1日付60歳以上は「シニアスチューデント」または、在学中に50歳に達する場合は「ブロンズスチューデント」とする)。

※3:「スポーツ特別選抜」について
本学が求める学生像に基づき、高校における部活等のスポーツ実績・技能で次の基準に該当する者。全国規模の大会(高総体、高校選手権、国体等)の出場者。地区大会(九州大会など)の出場者。県大会においてベスト4以上の成績を収めた個人、または団体所属者。またはこられに準じる実績・技能をもつ者。