【CSL】いろんなサロンに参加しました!|基盤教育センターBlog|基盤教育センター|学部・学科

基盤教育センターでは、大学での学修に必要な基本的なスキルや、どんな仕事でも必要とされる一般的な知識・スキルを養成しています。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【CSL】いろんなサロンに参加しました!

2019年8月20日 (火曜日) 13:01 | 投稿者:【nwuadmin

いろんなサロンに参加しました!
〜CSL「基盤スペシャルサポーター」活動報告〜

8月9日(金)に、CSL「基盤スペシャルサポーター」の活動として諫早市森山町で開催されている「いきいきサロン」に参加してきました。この日のサロンは「白塔(しらとう)サロン」というところです。
この日で前期の全ての活動を終えたので、外国語学科2年の久留彩音さんに、これまでの活動について質問しました。

Q.1  今学期もっとも印象に残った活動はなんですか?また,その活動からどんな
ことを学びましたか?
A.1 今学期最も印象に残った活動は、いきいきサロンの皆様の活動に参加させていただいたことです。サロンと一言に言っても、多種多様な活動がありました。そのサロン、そのサロンのニーズに合わせた企画が実施されており、同じ活動というのはありません。皆様が名前の通りにいきいきされていたことが、自分のことのようにうれしかったです。この活動を通して学んだことは、型が決まっていない活動の中で「その場所にあった」、「ニーズに合わせた」、「必要とされているもの」を提供することの大切さです。「話をするだけ」、「体操や歌をうたう」、「ゲームをする」ところなど様々なサロンがありました。その地区の民生委員さんなどが様々な工夫をしている様子が見られ、参加者1人1人にやさしさを向けてあることがわかりました。必要とされているものを提供するためには、まず寄り添う必要だと感じました。
null
玉いれに挑戦する学生▲
(白塔サロン)

Q.2 サロン参加者は何に期待してサロンに参加していると思いますか?
A.2 サロンに参加している方が期待していることは、「安心と健康を保つ」、「心と体のケア」だと思います。サロンに参加している方の中には、お一人で暮らしている方も多くいました。そんな方にとって、サロンは話し相手がいることや様々な活動ができることから精神的・身体的に支えてくれる場所になっていると思います。ある方が「家にいるときはずっとテレビを見ている」とおっしゃっていたことが、印象に残っています。そのような方にとっても、外に出る機会となり、気持ちが若々しく感じられるサロンは健康を保つ秘訣になっていると思います。
null
▲参加された方と一緒に貼り絵もしました(釜・倉津サロン)

Q.3  今(こん)学期(がっき)の活動(かつどう)をとおしてどんな貢献(こうけん)ができたと思(おも)いますか?
A.3 私たちがいきいきサロンに参加して刺激を受けたように、参加者の皆様にも、クイズなどを通して少しでも刺激を与えられたことだと思います。サロンは一つ一つ違うことをしていたので見よう見真似をすることがほとんどでしたが、その中でも自分たちが担当したクイズは皆さんに楽しんでいただけたと思います。そしてその中でも、私の好きな「亀の甲より年の功」という言葉と思いを伝えることができてよかったです。私の発表で、皆様がより笑顔になってくれたように感じ、また、皆様の笑顔の一部になれたことがとてもうれしかったです。
null
▲じぶんたちで考えたクイズを出題しました(井手口サロン)
▼留学生も、参加された方にクイズを出題しました。(白塔サロン)
null
Q.4  今学期で学んだことをふまえて,今後,取り組んでみたいと思う活動は
どのようなものですか?
A.4 今学期はもともとあるプログラムにお世話になるばかりので、何か企画するような活動に取り組んでみたいです。サロンの活動を見て、「画一的なものではなくニーズに合わせた企画が大切」と分かったので、企画をする際は「情報収集」や「意見のやり取り」をしっかりと行っていきたいと考えています。このことは福祉分野のみならず、様々な分野でも必要となることだと思うので、うまく生かしていけばどんな活動にも役立つと思います。チャレンジ精神があるので、どんな活動にも取り組んでみたいです。
null
▲「お客さん」にならないように、学生が自分で考えて行動しました。(干拓サロン)

Q.5  今(こん)学期(がっき)で学んだ(まな    )ことは,あなたの将来(しょうらい)にどのようにプラスになりそうですか?
A.5  私は将来、英語の先生になりたいと考えており、福祉の活動に触れることはあまりないと思います。しかし、福祉と教師では共通することはたくさんあったように思います。それは、一人ひとりを見て、「ニーズ」を考え、「実行」に移すということです。どれかが欠けてしまえば、独りよがりや自己満足、理想で終わってしまうため、この3つのうちの一つでもかけてはいけないと思います。そのようなことに気づけたこと、大事にしようと思えたことが今学期一番将来にとってプラスになることだったと思います。近々カナダ留学も控えているため、自分を見つめなおし、留学のニーズを考え、そのうえで自分のしなければならないことを実行に移していきたいと思います。
null
▲みんなで貼り絵を作ったあとのお菓子タイム(釜・倉津サロン)
null
▲輪投げは入ってもはずれても 大笑い!(白塔サロン)


Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.

『基盤教育センターBlog』カテゴリ及び以前の記事

受験生向け情報

  • 2021年度 受験生向けガイドブック
  • 長崎ウエスレヤン大学 ビッグバンド特待生
  • スポーツ特別入試についてはこちら

注目コンテンツ

  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
     テレメールで資料請求する
  • 長崎ウエスレヤン大学 学生がつくるCMプロジェクト
  • 長崎ウエスレヤン大学×夢ナビTALK | 3分で学問を伝えよう。

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ


第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール