【商店街活性化】〜第66回「たらみ市」運営ボランティア新入生参加報告〜|まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科
経済政策学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【商店街活性化】〜第66回「たらみ市」運営ボランティア新入生参加報告〜

2018年7月04日 (水曜日) 22:26 | 投稿者:【nwuadmin

 毎月第4日曜日におこなわれる『たらみ市』に、経済政策学科の学生が5年以上にわたり、実行委員として活性化に主体的に関わっています。 
 6月24日開催された第66回『たらみ市』でも会場には多くの方々が来場しておりました。学生たちは懸命に地域の方々と『たらみ市』の運営のためにがんばっていました。このような機会を与えてくださる『たらみ市』にかかわる多くの方々に厚く御礼申し上げます。
 さて、経済政策学科の新入生から『たらみ市』のボランティアの活動報告が届きましたので紹介します。


null

 初めて『たらみ市』のスタッフとして、ボランティアに参加しました。来ていただいたお客様や地元スタッフの笑顔が印象的でした。地元の方々との関わりの中から地域コミュニティの温かみを体感しました。私は生まれも育ちも諫早市でありながら、『たらみ市』というものが開催されていることも知らず、こんなに賑わいのある朝市があったことへの驚きとともに、自分の諫早への知識の無さを実感しました。
 私のように諫早に住んでいながら地元で開催されている地域イベントに疎いという若者も多いのではないでしょうか。『たらみ市』の良さを発信し、より多くの人に知ってもらうことで、今以上に活気のあるものにしていきたいです。地域の方々とともに、私たち学生スタッフで力を合わせ多くの人に愛される『たらみ市』を作っていきたいと思います。(経済政策学科1年 松川美波)

null

null

 初めての地域活性化ボランティア。多良見地域のことを思い毎月活動している地域の方々との協力。『たらみ市』に来て下さる高齢者から子どもまでの幅広い年齢層の方々との関わり。たった1日でしたが、多くの経験ができたと同時に自分自身の課題も見つかったと思います。
 それは、指示をもらわないと行動ができなかったという点です。何をしたらよいかわからず指示を待っていたように思います。自分で考え、自分に何ができるかをしっかり見極めて行動に移すことができるようにならないといけないと思いました。
 これからの抱負として、『たらみ市』を今以上に賑わせたいと思っています。そのために、お客さんが来やすいような『たらみ市』にすること。また、お客さんが行ってみたいと思えるようなイベントの実行。そして、来月も来てみようかなと思えるようにすれば、今以上に賑わせることができると思います。私自身も、企画・運営に携わり少しでも力になれればと思います。
 最後に『たらみ市』に来て下さるお客様にとって有意義な時間になるように、『たらみ市』運営スタッフや地域の出店者の皆様と共に頑張りたいと思います。(経済政策学科1年 水口修斗)



Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.