【経済政策学科】公務員入門(特別講義3)での学び 7月|まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

経済政策学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【経済政策学科】公務員入門(特別講義3)での学び 7月

2019年7月03日 (水曜日) 09:27 | 投稿者:【nwuadmin

 今日は推論(論理)その他の小テストをしました。
(SPIでは推論、公務員試験では論理と呼ばれるので推論(論理)と書いています。)
  論理的に考えることができるかどうかは推論(論理)がわかるかどうかで判断できます。
 さらにいうなら、三段論法を使いこなせるかということになります。

 推論(論理)の問題とは、問題文と選択肢の中から三段論法の前提となる記述を見つけ出し、三段論法を繰り返すことで答えを導くものです。

 三段論法を使いこなせなければ論理的に考えることが苦手な人になってしまいます。また、数学の問題(SPIの非言語、公務員試験の判断推理)を解くこともできません。
 したがって、3回にわたって推論(論理)の問題演習をしていきます。

 今日の小テストの結果を見て、来週以降の問題演習を変えていきます。

文責:白石晃三

null


Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.