【 2006年 9月 】記事月別一覧|まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

経済政策学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【 2006年 9月 】記事月別一覧

国際協力機構(JICA)研修員が、本学で研修

2006年9月27日 (水曜日) 10:02 | 投稿者:【community

 国際協力機構(JICA)の研修員が、本学と小値賀で離島の地域開発について研修しています。
 この事業は、本学とまちづくり協定をしている小値賀町が提案し、研修の実施を本学が行う地域提案型の国際協力のひとつです。小値賀町と本学は、これまでに10年近くの関わり持ちながら、昨年までの4年間にJICA研修の一部を小値賀でPRA研修を行うことをしてきました。これまでに小値賀では100名を超えるJICA研修員が研修してきました。今年度は、すべての研修を小値賀と本学で行うものです。

 今回の研修員の母国は、フィジー、トンガ、サモア、ジャマイカの4カ国から各1名、男性1名女性3名の4名が研修に来ています。


 この研修では、最初に本学で地域開発に関する政策理論を学習し、小値賀で住民参加型の地域開発であるPRAの実践を行います。
 この研修全体のコーディネーションを佐藤が行い、講義では、離島政策に詳しい鈴木先生、地域おこしなどの住民主体のまちづくり運動に詳しい森学長など地域づくり学科の教員を中心に行われました。
  
また、PRA実践では、NGOの地球共育の会と連携しながら行われます。

 本学での研修では、政策理論の学習だけでなく地域資源を活用したパーソナルツーリズムの事例として、現在長崎市で行われている”さるく博”を視察しました。
 

 この研修は、10月14日までの約3週間にわたって行われます。小値賀での研修については、後日お知らせする予定です。


(報告:地域づくり学科  佐藤)


JICAとの連携