【 2008年 1月 】記事月別一覧|まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

経済政策学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【 2008年 1月 】記事月別一覧

市民公開講座「グループディスカッションによるまとめ」

2008年1月26日 (土曜日) 18:08 | 投稿者:【community

 「地域を改めて見直す」市民公開講座の最終回は、本学の佐藤快信教授が「グループディスカッションによるまとめ」と題して、全15回の講座を振り返りながら「地域」「場」「人」をキーワードに講座の「まとめ」を行いました。
        

 受講生はグループごとにワークショップ形式によるデスカッションを行い、「地域とは何か?」を改めて考えながら話し合われた結果を発表し本講座を終了しました。
           

 10月から開講された「地域を改めて見直す」市民公開講座全15回は以下の通りです。

第1回「地域を巡る諸領域」
  講師:佐藤快信 長崎ウエスレヤン大学教授

第2回「アメニティの視点から地域をみる」
  講師:佐藤快信 長崎ウエスレヤン大学教授

第3回「社会教育の視点から地域をみる」
  講師:菅原良子 長崎ウエスレヤン大学准教授

第4回「地域の教育力の視点から地域をみる」
  講師:新田照夫 長崎大学生涯学習センター准教授

第5回「国際協力から地域をみる」
  講師:西川芳昭 名古屋大学国際開発研究科准教授

第6回「NGOから地域をみる」
  講師:入江詩子 長崎ウエスレヤン大学准教授

第7回「地域経済の視点から地域をみる」
  講師:森泰一郎 長崎ウエスレヤン大学学長

第8回「開発政策の視点から地域をみる」
  講師:鈴木勇次 長崎ウエスレヤン大学教授

第9回「福祉の視点から地域をみる」
  講師:内山憲介 長崎ウエスレヤン大学教授

第10回「地域医療の視点から地域をみる」
  講師:草野洋介 長崎ウエスレヤン大学教授

第11回「ボランティアから地域をみる」
  講師:入江詩子 長崎ウエスレヤン大学准教授

第12回「コミュニティビジネスから地域をみる」
  講師:山口純哉 長崎大学経済学部准教授

第13回「日本文化の視点から地域をみる」
  講師:渡辺勝義 長崎ウエスレヤン大学学部長

第14回「文化経済学の視点から地域をみる」
  講師:藤崎亮一 長崎ウエスレヤン大学講師

第15回「グループディスカッションによるまとめ」
  講師:佐藤快信 長崎ウエスレヤン大学教授

(お知らせ 地域づくり 市民公開講座 藤崎)


市民公開講座「日本文化の視点から地域をみる」

2008年1月12日 (土曜日) 19:40 | 投稿者:【community

「地域を改めて見直す」市民公開講座の第13回目は、文化領域から本学の学部長である渡辺勝義教授が「日本文化の視点から地域をみる」と題して90分間の講義を行いました。
 

 文学博士である渡辺先生は、日本文化の根底に流れる価値の中心となるものを宗教や比較文化論の視点から研究しています。今回の講義では「絆(きずな)」という言葉をキーワードに地域の成り立ちと人の生活との関わりをみていきました。
 

 そして、より良い地域をつくっていくためには「人と人との絆」「人と社会との絆」「人と命との絆」など人が寄り添うべき価値の中心となるものが地域社会の中に必要であり、社会問題が山積する今、その構築が強く求められているということを受講生へ教授しました。


 次回、1月16日(水)の市民公開講座は、私、藤崎が「文化経済学の視点から地域をみる」と題して文化領域から講義を行う予定です。

「地域を改めて見直す」市民公開講座は・・・

毎週水曜日(全15回)
18:00〜19:30まで
まちづくり生涯学習室(アエルいさはや2F)

詳しくは、長崎ウエスレヤン大学生涯学習センター(TEL:0957-26-1234)まで。

(お知らせ 地域づくり 市民公開講座 藤崎)


今年度も、小値賀でJICA研修

2008年1月11日 (金曜日) 15:10 | 投稿者:【community

 昨年に続き今年も、JICA(国際協力機構)の草の根協力事業として、長崎県小値賀町が提案し、事業を長崎ウエスレヤン大学が委託されて、10月15日〜11月9日まで地域開発の研修を実施しました。
 この研修では、太平洋州のフィジー、トンガ、サモアの三カ国から各1名の研修員を受け入れ、住民参加型の地域開発について研修をするもので、特に地域開発の手法の一つであるPRA(参加型農村環境調査)を習得することにあります。

 研修の第1週は、九州JICAと長崎ウエスレヤン大学でオリエンテーション及び地域政策の講義を実施しました。また、長崎市の“さるく”観光について、体験も実施しました。
  
  
  

 研修の第2週は、小値賀町に入って、小値賀の地域経営についてJICA研修支援委員会が主体となってセミナーが実施されました。
  
  
  

 研修の第3,4週では、PRA実践のための研修が「Edu」によって大島で実施されました。
 大島事前視察の様子
  
  

 大島でのPRA実践風景
  
  

 大島での研修成果の発表会
  

 大島を離れるとき。見送りにみんな来てくれた。
 

 研修全体の発表会
  

長かった研修も無事終わりました。
来年度は、小値賀での研修も最終年度になります。さらに、研修のアフターケアのためフィジーに研修員に集まってもらい、セミナーをする予定です。