『General』カテゴリの一覧 | まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

経済政策学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【経済政策学科】アイランド長崎にて学生インターンシップを実施しています

2020年9月23日 (水曜日) 16:36 | 投稿者:【nwuadmin

 9月に入り、学生が学外でのインターンシップ活動に参加しています。今回ご紹介するのは、本学と連携協定を締結しているアイランド長崎様のご協力による本学の学生9名(予定を含む)の活躍です。昨今の状況の中、コロナウイルス感染症の対策を徹底し、安全にも十分にご配慮を頂いたうえでの実施です。一部ですが、その様子をご紹介します。


 今回、アイランド長崎様のご協力の下、9月16日にオープンする新しい大型温泉・スパテーマパーク「Ark Land Spa(アークランドスパ)」の開業前準備という形でインターンシップに参加させていただいています。
 活動を通して、今まで経験したことのない仕事内容で最初は戸惑い自分たちの出来ることを探りながらでしたが、とても優しい先輩スタッフに支えられ少しは貢献できたのかなと感じています。これまでの3日間は楽しく活動ができ、とても充実した毎日を過ごせています。残りの3日間も意欲的に動き、たくさんの事を学びたいと考えています。
(経済政策学科3年生  横田雄哉 中川丈)


 
null


 
null


 本学では地域住民、NPO、行政、企業、学校等との連携を深め、地域の文化及び産業の振興並びに地域社会の発展に寄与することを目的に地域・産学連携推進センターを設置しています。これら大学の持っている資源を十二分に活用し、学生の希望進路実現に向けたキャリア教育活動を展開しています。


 協定の一覧
 

【地域貢献活動】 CSL Isahaya "Saruku"

2020年8月21日 (金曜日) 16:26 | 投稿者:【nwuadmin

On July 25, students in the Community Service Learning (CSL) program at NWU took part in a “Saruku” walking tour of Isahaya. This was a good opportunity for students to learn about the rich local history that surrounds the university campus.

Fourteen students from abroad and Japan were lead by professor Kato from the Department of Economic Policy and joined by professor Flake from the Department of Foreign Languages. The walking tour began at the main entrance of the university and followed the old Nagasaki Kaido road that connected the Edo capital to Nagasaki prefecture in early days.
null

The Nagasaki Kaido road was a 228-kilometer long road traversing Kyushu that
played a crucial role in the sugar trade during the Edo Period (1603-1868) and
came to be known as the “Sugar Road”. In early days, dignitaries would travel
these roads as tributes were paid to Edo. Nagasaki Kaido became an area of
commerce as tea shops and inns would dot the route. For more information on
the fascinating history of Nagasaki Kaido, Kyushu’s “Sugar Road”, please refer
to this article authored by the Japan Government Public Relations Office at the
following URL:
https://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/html/201506/201506_13_en.html
null

Nagasaki Kaido has no doubt seen many travelers over the years. An elephant brought from Indonesia also journeyed this path in days gone by. The sight of an elephant making its way along the road surely must have been a surprise to local residents. Along the path, the sealed remnants of air-raid shelters left from the days of World War II also can be seen.
null

Resting stones marked the pathway—it makes one wonder how many weary travelers must have stopped to rest here over the years.
null

July 25, the day of this walking tour also marked the date of the Isahaya Big Flood which tragically stuck on July 25 in 1957 (Showa 32) exactly 63 years ago.
The flood claimed the lives of 682 local residents.
null

Students also explored the history of local temples and shrines where summer events were being observed.
null

Isahaya Park area and the spectacles bridge were also a highlight of the walking tour.
null

It was a good opportunity to learn more about the history of Isahaya and to connect with the past. Nagasaki Wesleyan University as part of the Chinzei Academy shares an integral connection with the history of Isahaya. We also give homage to the heritage of our academy.

記事のダウンロードはこちら

【高大連携】長崎県立島原翔南高校との(第2回)連携ミーティング

2020年7月13日 (月曜日) 10:05 | 投稿者:【nwuadmin

 前回から2週間ぶりに島原翔南高校の生徒さんとzoomアプリを使ったオンライン会議を行いました。
 南島原市における地域課題解決を目的とした高大連携ですが、今回はプロジェクトの目標や今後の活動について、具体的に話し合いました。前回のアイスブレイクの甲斐もあり、始終笑顔で和やかに会議を進める事ができたと思います。
 回線の都合上難しい点もありますが、今後はよりスムーズにファシリテートできるよう学生一同取り組んでいきたいと思います。
(経済政策学科 3年 本多加歩)


 前回から引き続き、島原翔南高校の生徒さんとzoomアプリを使ったオンライン会議及び総合的な学習の時間における会議を行いました。
 今回は目標や目的の共通理解、各学習過程における具体的な進め方等について話し合いを行いました。
 現段階では、SNSを有効活用した南島原市における観光資源の知名度アップを第1の目標とし、これからの活動を行っていくことになりました。
 今後も翔南高校との高大連携おける南島原市の地域課題解決について取り組んでいきたいと思います。
(経済政策学科 4年 江頭知遼)

null


【経済政策学科】伊王島『祝島プロジェクト(長崎県ステップアップ事業)』の調査報告

2020年7月02日 (木曜日) 11:56 | 投稿者:【nwuadmin

 連携協定を締結しているi+Land nagasakiの皆さまとの最初の協働事業として、6月から、CSL掘崔楼莖萓化を考える」の中で、『祝島プロジェクト(長崎県ステップアップ事業)』に、様々な調査に取り組んでいます。 6月5から6日、12から13日の4日間、現地調査をおこないました。調査メンバーは、5名、3年生村中侑太さん、松川美波さん、柴田あみさん、戸田雄大さん、留学生の程凱琳さんです。
null

 学生からの報告が届きましたのでご紹介いたします。

 まず、ヒアリング・インタビュー調査にご協力頂きました多くの伊王島の島民の皆様と、『i+Land nagasaki』関係者の皆様に調査への厚いご協力を賜りましたことに感謝の意を述べさせていただきます。
 今回の調査では『伊王島の観光地としての活性化』という最終目標がありましたが、それ以上に私は伊王島での時間が楽しかったです。伊王島の自然や食を堪能し、『i+Land nagasaki』での一泊があまりに濃厚で、安らぐものとなりました。企画開発の一員としてではなく、一人の観光客としても伊王島を満喫できたのです。
 null

 それを踏まえた上での伊王島をより深く知る事が出来たこの機会は私にとって貴重なものとなりました。伊王島の歴史や文化を知り、伊王島をより活気のある街にし、多くの人々に知ってもらいたいと考えました。
 伊王島に住まう住民の方々から直接お話を聞くことは、より詳しいお話を聞けるため、調査としてもまた一個人としても大いに参考になりました。特に住民の方々が語る「伊王島にはこうなってもらいたい」というご意見からはそこに向けられた強い思いと伊王島への愛が感じられ、事業展開としてはもちろんのこと地域政策の実践活動に関わってきた私自身も大きな指標を頂きました。
 伊王島でのプロジェクトやこれから私自身が関わる「地域政策」や「地域活性化」の事業では今回の調査から学び得たものを忘れずに邁進して参ります。
(経済政策学科 地域政策コース 3年 村中侑太)

null



【高大連携】長崎県立島原翔南高校との連携プロジェクト始動

2020年6月23日 (火曜日) 13:35 | 投稿者:【nwuadmin

 高大連携プログラムの一貫として島原翔南高校の生徒と長崎ウエスレヤン大学の学生がzoomアプリを使って南島原市における課題解決をテーマにオンライン会議を行いました。高校生は「総合的な学習の時間」の授業の中で大学生との協議において学びを深めていくことを目的としています。逆に大学生は高校生の学びのサポートを行うのが本プロジェクトの目的となっています。
null

 今回は第1回目の会議ということでアイスブレイクを交えつつ南島原市についての理解を深めていきました。
null

 今後も継続的に本プロジェクトを進行するとともに、高校生の学びの支援を行なっていきたいと思います。(経済政策学科 4年 江頭知遼)


Powered by nucleus.
General