地域実習in大分県|まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

経済政策学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

地域実習in大分県

2011年11月01日 (火曜日) 16:48 | 投稿者:【community

 9月12日㈪・13日㈫に大分県の豊後高田にある「昭和の町」と日田市の「豆田商店街」へ行ってきました。諫早から車で約3時間かかりました。

1日目 豊後高田 −昭和の町−
 



「昭和の町」に到着した時刻はお昼だったので、大分名物の「とり天」を食べました。
とてもボリュームがあり、お腹がいっぱいになりました。

昼食後、町を視察しました。
 

商店街で、とても元気な店主さんに会いました。
ここは、お菓子の最高峰の賞を何度も受賞したことのある老舗です。
代々受け継がれてきたお菓子の試食をさせてもらいました。とてもおいしかったです。



また、このお菓子屋さんであるものを見つけました。
みなさんはこの看板に見覚えはありませんか?実は、この看板は現在もお菓子の会社として有名な「森永」の初代の看板です。

この他にも、歴史あるものがたくさんありました。
   

木の冷蔵庫、タイプライター、黒電話など様々なものがありました。


2日目 日田市 −豆田商店街−
 

2日目も絶好の視察日和となりました。
商店街に行く前から、池田君は大はしゃぎです。ほかのメンバーは、見守っています・・・
川から戻ってきた池田君のズボンはびしょ濡れでした。

いよいよ豆田商店街へ到着し、視察開始です。
   
歩道に「とまって」という下駄の表示や、屋根にえびすさんがあったりしました。

昼を過ぎると暑くなり喫茶店に入りました。
    

そこで、ソフトクリームを食べました。このソフトクリームは普通のミルクソフトではありません。コーンは梨味、カップは柚子胡椒味です。また、コーンとカップだけでなく、コロネパンにソフトクリームを組み合わせたものもありました。どれもおいしかったです。

 今回の視察で学んだことは、「見る・聞く・触る」だけでなく「食べる」という感覚を持ち合わせて町の中を体感してみることが重要だということでした。体感できる町の仕組みづくりには、どのようなものがあるのか、今回学んだことを基に今後、他の町の視察に活かしていきたいと思います。



(経済政策学科 1年 大串志保)


Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.
地域実習