国際生理人類学会議に参加しました(草野)|まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

経済政策学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

国際生理人類学会議に参加しました(草野)

2006年10月19日 (木曜日) 17:06 | 投稿者:【community

地域づくり学科教授の草野洋介です。

10月9日から14日まで鎌倉市で開催された第8回国際生理人類学会議(ICPA)に実行委員として参加しました。
http://www.jspa.net/iapa/icpa/8thicpa_j.html

日本生理人類学会会長の佐藤方彦九州芸術工科大学名誉教授が大会長を務め、日本生理人類学会挙げて準備にあたりました。

前半の会場となった建長寺は臨済宗・建長寺派の大本山で、建長5年(1253年)北条時頼が宗から来日していた蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を招いて建立した日本最初の禅寺として知られています(ちなみに敷地内にある鎌倉学園高校はサザンオールスターズの桑田氏の出身高校)。

高井総長と佐藤大会長が旧知の仲だったことから、建長寺初の国際学会が実現したのです。

9日は参加登録後、得月楼という和室でウエルカム・レセプションが行われ、高井建長寺総長、国際生理人類学連合会長のH. W. Jurgens (Kiel, Germany)氏、N. Mascie-Taylor (Cambridge, UK)氏による鏡割りが行われ、世界各地から集まった生理人類学の研究者が再会を祝しました。

10日より建長寺本堂で学会が始まりました。激しい討論が連日行われました。
11日夜にはコングレス・バンケット(晩餐会)が得月楼で行われ、和食中心の夕食をいただきながら情報交換を行いました。

12日はいよいよ、オハイオ州立大学クルーズ教授、大阪市立大学曽根教授、東北工大原田教授と行っている共同研究を中心とするSession9:Unrabelling Senescence, Aging and Disease and Assessing Senescent Change(座長:クルーズ教授、曽根教授)です。旧大島町で行ってきたアロスタティック老化指数の研究をこのセッションで発表しました。

12日夜にはエクスカーションが行われ、横浜中華街の夜を世界各国から集まった研究者に楽しんでいただきました。

13日から会場を鎌倉プリンスホテルに移し、私は午後のポスターセッションの座長を担当しました。(下手な英語でなんとか無事に終了!)

今回の学会は約2年宮崎良文実行委員長を中心に周到な準備が行われ、実行委員の一員として贔屓目になるかも知れませんが素晴らしい国際学会になりました。

私はウエルカム・レセプション、コングレス・バンケットの設営、司会補助、エクスカーションを担当しましたが大過なく終了しほっとしています。

第9回はオランダで行われる予定です。発表できるような研究をやらなければ・・・と身を引き締めている所です。


Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.