町田幸太郎君が健康いさはや21ワーキンググループの委員に!|まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

経済政策学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

町田幸太郎君が健康いさはや21ワーキンググループの委員に!

2006年11月15日 (水曜日) 13:55 | 投稿者:【community

社会福祉学科2年町田幸太郎君(長崎県立西陵高等学校出身)が本年策定された「健康いさはや21」の市民ワーキンググループの委員を務めました。

2000年より開始された21世紀における健康づくり運動「健康日本21」は、「健康寿命の延伸」「壮年期死亡の減少」を目標としたもので「住民主体」に運動を行われることが特徴です。

そのため各地方公共団体ごとに「健康○○21」が作られて運動が行われています。(ちなみに本学地域づくり学科草野洋介教授は長崎県の事業「健康ながさき21」の実施母体である健康ながさき21推進会議小委員会の委員長を務めています。)

今回市町村合併により新しく「健康いさはや21」を策定する必要があり、諸団体および各地域より委員が選ばれ、町田君も学生委員として選ばれました。

今回の「健康いさはや21」の特徴は、各ライフステージごとに策定を行うという他に例がない試みでした。

町田君は成年前期のワーキングチームに属し、諫早市医師会副会長や薬剤師会副会長さんたちと一緒に策定に取り組みました。

非常に短い期間の中、熱心な議論が毎回行われ無事「健康いさはや21」が完成しました。

なお草野教授が健康いさはや21市民ワーキンググループのアドバイザーを務めました。

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.
健康のまちづくり