アサーティブトレーニング講座報告!〜その1〜|まちづくりブログ|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

経済政策学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

アサーティブトレーニング講座報告!〜その1〜

2007年1月19日 (金曜日) 17:42 | 投稿者:【community

 昨年の9月30日(土)、10月1日(日)の2日間にわたって、アエルいさはや2階のまちづくり研究室において、アサーティブトレーニング講座が開催されました。
「アサーティブネス」とは、もともとはアメリカの人権擁護の思想と女性解放の理論を土台として生まれた、相手も自分も大切にするコミュニケーションの考え方と方法のことです
 講師は、特定非営利活動法人アサーティブ・ジャパンの事務局長でアサーティブネストレーナーの中野満知子さんです。
 
 アサーティブトレーニング講座(コミュニケーショントレーニング講座)1 アサーティブトレーニング講座(コミュニケーショントレーニング講座)2
   
今回のこの講座は、地域づくり学科の2年次科目である「地域づくり援助論演習」、1年次科目の「地域実習機廚琉豐弔箸靴導催するとともに、公開講座として市民からも受講生を募り開催したものです。この講座には、地域づくり学科の学生のほか、アサーティブを学んでみたいと自分から受講申込みをした他学科の学生や市民の方など、合わせて24名が参加しました。

<1日目>
 1日目は、9時30分より、入江先生(地域づくり学科)のオリエンテーションから始まりました。
地域づくりに関わっていくうえで、コミュニケーションは必要とされる最も基本的なスキルであると私たちは考えています。なぜならば、地域づくりは様々な地域の人との協働で行われるものであり、そこにおいて人とのコミュニケーションは必要不可欠になるからです。また地域づくりに限らず、学生が豊かで充実した学生生活を送る上でもコミュニケーション能力は大切になってきます。学生生活において、人間関係で悩む学生も少なくありません。アサーティブトレーニングを受講することにより、コミュニケーションについての考え方や方法論を学び、自分のコミュニケーションのあり方を見直したり、気づいたりする中で、よりよいコミュニケーションを築けるきっかけになっていってほしいということが、私たちがアサーティブトレーニングを講義に取り入れたねらいです。
 入江先生からは、コミュニケーション力の必要性や、アサーティブトレーニングのねらい、この2日間しっかり学んでほしいということが話されました。

 ここから、トレーナーの満知子さんにバトンタッチして、講座が始まりました。
午前中は、アサーティブネスの四つの柱(誠実、率直、対等、自己責任)の話を中心に、より良いコミュニケーションができるようになることをめざし、まずは自分を知り、相手を知るために、自己紹介やコミュニケーションパターンなど、アサーティブネスの基本的な考え方についてペアになったり、グループになったりしながら話し合い、聴きあいました。
 同じ大学の学生でありながらも初めて話す人が多い中で、受講した学生も最初は緊張気味だったのが、自己紹介のワークを通して少し緊張がほぐれてきたようです。

 アサーティブトレーニング講座(コミュニケーショントレーニング講座)3 アサーティブトレーニング講座(コミュニケーショントレーニング講座)4 アサーティブトレーニング講座(コミュニケーショントレーニング講座)5

1時間の昼休憩後は、アサーティブネスの思想の土台となる「権利と責任」について学びました。
権利についてはじめて学んだのはいつか?また自分にはどんな権利と責任があるか?など話し合いました。アサーティブトレーニングで語る権利とは、私たちが私たちでいるための基本的原則であり、他人とのよい関係を築くためのベースとなるものです。基本的な権利を12項目取り上げ読みあいました。中でもとても印象深かったは、「私は、失敗してもまちがえたりしてもいい」という権利のようでした。「間違ってもいいということが判って、肩の力が抜けて楽になった」、「(この権利を)ほかの人にも教えてあげたい」という声がありました。
その後、講義の中で自分の考えを発表する場面が何度か合ったのですが、今までは人前で話すのが苦手で、なかなか意見を言えなかった学生が、アサーティブトレーニングの受講後、自分の意見を一生懸命言っていたりと、少しずつですが学生が変化しているように思います。

アサーティブトレーニング講座(コミュニケーショントレーニング講座)6 アサーティブトレーニング講座(コミュニケーショントレーニング講座)7 

 この後は、実際に自分が伝えたくても伝えられなかったことを事例にあげ、アサーティブに表現する方法について、ロールプレイを通して学んでいきました。
 最後に1人ずつ感想を言って、1日目は終了しました。
2日目に続く

(地域づくり学科:入江・菅原)


Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.