入学から卒業までの学習プロセス|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科

入学から卒業までの学習プロセス|現代社会学部・経済政策学科|学部・学科
入学から卒業までの学習プロセスのご紹介です。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063
入学から卒業までの学習プロセスのご紹介です。

取得学位

学士(経済政策学)

経済政策学科の学習到達目標

経済政策学科では、地域密着型の行政・企業などで活躍できる社会人に求められる「力」として、学生の皆さんが卒業までに次のような能力を身につけることができるよう、教育・学習支援に取り組んでいます。

  • 経済・市場の仕組みを理解し、経済開発の手法と福祉や教育、まちづくり等の様々な社会開発の実践において培われてきた様々な問題解決能力を併せ持つことにより、地域における新たな価値の創出に主体的に貢献することができる。
  • 地域政策・活性化に関する統計データや調査結果などの情報源と内容に関する知識を説明でき、それらのデータの適切な分析方法を説明できる。
  • 多くの地域の課題には複数の解決のためのアプローチがあり、また複数の解決策がありえることを認識している。
  • 基本的な統計技法や調査手法とコンピュータ技術を修得し、特定課題の解決にあたって、これらの技術と手法を適切に使用することができる。

カリキュラムの特色

実践を通して学習するスタイル、それが経済政策学科の教育の特徴です。
経済政策学科での学びの対象は、人間の生活の場そのものであり、地域における生活の課題を探ることにあります。実際の教育プログラムも、現実のまちづくりのなかで実践的に展開されます。地域と大学との関係が深まれば深まるほど、そこで学ぶ皆さん自身も成長していくことが求められます。


入学から卒業までの学習プロセス 実践を重視した科目
1年次 体験 離島における地域づくりの実践を中心とした視察 ・基礎演習I
・コミュニティサービスI
・地域実習、他
2年次 参加 地域で活躍する人材をサポートするスキルの修得 ・基礎演習II
・インターンシップ
・コミュニケーション演習、他
3年次 参画 離島、過疎地、都市部、開発途上国をフィールドとした調査やインターンシップ ・専門演習I
・コミュニティサービスII
・社会調査実習、他
4年次 創造 卒業研究を主とした実践的な理論と手法の習得 ・専門演習II、他

受験生向け情報

  • 受験生の皆さま向け情報はこちらへ

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

注目コンテンツ

  • スーパー特待生入試案内
  • 資格特待制度について
  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
    テレメールによる資料請求

第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール