【在学生紹介シリーズ】外国語学科3年生 スキビツカ・マグダレナ・エヴェリーナさん|Wesleyan World|現代社会学部・外国語学科|学部・学科

外国語学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【在学生紹介シリーズ】外国語学科3年生 スキビツカ・マグダレナ・エヴェリーナさん

2020年6月22日 (月曜日) 10:14 | 投稿者:【nwuadmin

長崎ウエスレヤン大学の在学生は、大学のみならず様々な分野において活躍しています。

ここでは、在学生の皆さんにインタビューした、これまでの学びや活動、そして後輩へのメッセージなどを紹介していきます。

今回は、外国語学科3年 ポーランド出身のスキビツカ・マグダレナ・エヴェリーナさんです!

本年度の学びへの抱負
 卒業論文というちょっと怖いものがだんだん近づいてきて(笑)、怖くても今年は真面目に考えなければならないと思っています。母国語ではなく、日本語で資料を調べたり、文章を書いたりするのがなかなか難しいですが、ゼミの先生や、その他の方々の助けもあり、楽しくこの挑戦をしたいという気持ちが強いです。


My graduation thesis is something that I have been apprehensive about since the beginning of my studies. As the time has got closer, this fear has also drawn nearer (J), I know that from this time I have to start thinking seriously about this. It seems difficult to research materials and write sentences in Japanese since it’s not in my native language, but I think that – with the help of seminar teacher and other people - I will can enjoy this challenge.



これまでの本学での学びと学生生活の感想
 日本に来てからの私の人生はずっとウエスレヤン大学と深い関係があると考えています。日本語プログラムで日本語を学んで、今、大学生として勉強を続け、4年間ウエスレヤン大学に通っています。それで、本学は自分にとって家のような場所になってきました。誰でも自分の居場所を見つけることができ、自分のありのままを受け入れてくれる場所だと感じています。言語、風習、宗教などが違っていても、全然問題になりません。違うからこそ美しい!
null


I think that my life in Japan from the beginning has continued to be deeply connected with Nagasaki Wesleyan University. First, I studied Japanese through a “one-year only Japanese language education program” at NWU and now I continue studying here as a student. So I have been learning at NWU for 4 years and this place has become like a home to me. And I feel that here everyone can find their own place, everyone is accepted as they are. Different languages, customs, and religions are not a problem. It is the differences that make it beautiful!



将来を目指し、どのような努力をしているのか
 私の将来は通訳や翻訳をすることに関心があるので、今のうちにできるだけ日本語を深く学びたいと思っています。そして、「教師になりたい」という子供の時の夢を実現するために日本語や日本の文化を教えられるように、必要な知識や経験を得るために努力したいと思っています。


Because my future is connected with translation, I want to do my best at studing Japanese. Also, I would like to acquire the knowledge and experience necessary to teach Japanese language and culture so that I can realize my childhood dream of becoming a teacher.



後輩へのメッセージ
 「たとえ一分間であれ、それが一度過ぎてしまえばもう二度と戻ってきません。奇跡でも過ぎ去った時間を戻すことはできません。」という、アウシュビッツ強制収容所で若いお父さんの身代わりになって、餓死刑を受けたポーランドのマキシミリアノ・コルベ神父の言葉がずっと前から好きです。与えられた時間をよく使って、後悔をしないように毎日を過ごすのが大事だと感じています。それで、失敗や間違いを恐れず、恥ずかしさにも負けることなく、大学の4年間で色んなことにチャレンジして、色んな人との関係を築きながら、自分の中にある宝物を探しに出かけてください。


For a long time, I have been fond of a quote by Maximilian Kolbe, a Polish Conventual Franciscan friar who volunteered to die in place of a young family’s father in the German death camp of Auschwitz. Maximilian stated that, ”Even if it’s a minute, once it’s gone, it won’t come back again. Even a miracle cannot return the time that has passed.” I feel that it is really important to use time well so as not to regret anything. So, don’t be afraid of gaffe and mistakes, don’t let the shyness paralyze you, but challenge various things in these four years of university, develop relationships with various people, and go out to find the treasure inside you.
null


高校生へのメッセージ
 自分の道を探すことは簡単ではないかもしれませんが、探したら、必ず見つかると思います。自分がやりたいこと、自分の興味、夢、自分の心の中にあるものを大事するのを忘れないように...


I think that finding your own way may not be easy, but if you try, certainly you’ll find it. Don’t forget to take care of what you want to do, your interests, your dreams, and the things in your heart...



スキビツカ・マグダレナ・エヴェリーナ


Skibicka Magdalena Ewelina


Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.