『海外留学体験レポート』カテゴリの一覧 | Wesleyan World|現代社会学部・外国語学科|学部・学科

外国語学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【交換留学】University of Baguio Exchange Student Report  Nakano Urara

2018年12月13日 (木曜日) 18:59 | 投稿者:【nwuadmin

   I have been here for 4 months. I have made many friends and memories in the 4 months that I have been here. I have American, Arabian, Ghanian, Korean, Iranian, Sudanese, Filipino friends. Everyone is a kind and a lot of fun. We sometimes cooked our native dishes and shared them with everyone. We also taught our culture and customs.

One day we had a wonderful weekend camp at Camp John Hay. Everyone brought food and drinks. We played soccer and dodgeball.

On my host mother and brother’s birthday, many relatives came to celebrate. It is something which most Filipinos do on their birthdays. Friends and relatives join the celebration.

I joined the Halloween parade last October. We paraded around the city in our costumes. The whole city came one with excitement. It was a lot of fun to watch.

For the United Nation’s Day at the University of Baguio, I together with the other Japanese students wore a yukata and danced “Matsuken Samba”.

Many of my classes have presentations or demonstrations. For example, we have to do plays, tour guides or debates in class. I get nervous during presentations. I have to prepare and practice very hard before the classes. My friends always take time to help me. When I do not understand the lessons, they kindly show me their notes or explain the lessons in an easy way. I am grateful to them because after my demonstrations, I am well praised.

Friends and memories are increasing but going back to Japan is getting closer. It breaks my heart to think of it. From the bottom of my heart, I do not want to go back to Japan. I have met many good friends and had memories I will never have in Japan.

The language wall is large, cultural differences are surprising but I gained knowledge and experiences.

 null
 
 null

 null




【交換留学】University of Baguio Exchange Student Report Dai Urakawa

2018年11月27日 (火曜日) 13:22 | 投稿者:【nwuadmin

 I have twenty days left here at the University of Baguio. When I first came here, I wanted to go back to Japan because I couldn’t understand much and it was difficult to study. It is very difficult for me to express myself at this time as my departure is coming close. Now I love it here. I met nice people, enjoy the food and like the place. I met super cool school friends and my teachers are kind to me. When some of my classmates think I didn’t understand the lesson, they taught me even if I didn’t ask them to. Because of their help, I could catch up with the 6 classes I am enrolled in. I particularly like my tourism class because I learn much about the Philippines and Baguio City. If you ever come here, I can guide you around the city. It was difficult for me as a Japanese to do a tour guide in this class but my teacher said that we did better than the Filipino students. We have many presentations and assignment in our classes. During our break periods, in restaurants or over dinner my classmates and I talked about our topics assignment. It is fun and sometimes funny to discuss with my classmates. It will be our finals in a week’s time. This is I think the most difficult part because the range of the exams will cover all the lectures.
 Looking back, I think the complains I had before about my host family were stupid. They kindly gave me everything and took care of me. My lifestyle here is completely different and it took me a while to get used to it. Because of my host family, I am here today. Daddy Jun and Mommy Charmaine are wonderful host parents. They are always happy, funny, great personalities and respectful of each other so they never fight. When I feel down and cry, they encouraged me to try harder. To be honest, when I first came here I don’t why I escaped from talking to them. But now it feels like I have known them for a long time. Daddy Jun is a loved teacher of the Dentistry Department. I have a few days left and I want to spend more time with them.

 
null

 null

 null

 null

 null

 null
 
 null

 null

 null

 null


【交換留学】中国留学報告(外国語学科1年 筒井志織)

2018年11月05日 (月曜日) 10:45 | 投稿者:【nwuadmin

 10月は国庆节(国慶節)から始まりました。7連休中に日本人の留学生中田さんと一緒に青島へ日帰り旅行に行きました。青島の観光名所である青島啤酒博物馆(青島ビール博物館)や動物園、台东步行街という美味しい食べ物の屋台が並ぶ歩行街にも行きました。短い時間の中でとても楽しんだと思います。私達が行った動物園は中山公園という公園内にある小さな動物園で、チケットは8元(120円)でした。なので園内にいる動物たちにあまり期待

 null

はしていなかったのですが、私の好きなアライグマが間近で見れたり、狼やパンダやチベット地方に生息している見たことのなかった動物なども沢山いてとても楽しかったです。無事に何事もなく帰ってくることができ、素敵な思い出を作ることができました。

 10月の文化体験はオカリナを吹いたり、卓球をしたり「浮来山」という山に登ったり、留学生みんな仲を深めることができたと思います。オカリナは前期も指導してくれた先生で
私のことを覚えていてくれました。前期よりも上手く吹けて楽しかったです。

 null
 null

 10月上旬にサークルの勧誘会が行われました。コスプレ、モデル、ローラースケートなど日本の大学ではあまりないようなサークルも沢山ありました。私もこの機会にいろんな中国人生徒と交流したいなと思い2つのサークルに加入しました。

 一つめは「健美操」(エアロビ)です。エアロビ自体をよく知らないのですが自分が想像していたものとは別物でした。「武协」(武術)の中の一つとして扱われていて練習は部活のように厳しいです。1人でも声が小さい人がいれば全員腕立て伏せの罰があります。中国の集団行動を初めて体感しました。日曜日から木曜日まで大体夜に1時間程度あります。部長や部員の皆さんがとても優しく接してくれるので、毎回楽しいです。12月に発表会があるので、それに向けてこれからも頑張って続けていこうと思います。
2つめは「羽毛球」(バドミントン)です。他の留学生と一緒に金曜日と土曜日の夜楽しく練習をしてます。中国人の学生は本当に上手です。一緒に練習していく中で沢山交流して、

 null

中国語のレベルもバドミントンも上手くなれればいいなと思います。

 後期は前期に比べて自ら様々なことにチャレンジしていると思います。もちろん理由は残りの留学生活が少なくなってきていることです。前期よりもとても充実している毎日。しかしその分、時の流れを早く感じます。今度は本当にお別れの時間が迫ってきました。残り2ヶ月悔いのないように中国語の勉強もその他の体験も楽しんで過ごそうと思います。10月に入り急に寒くなりました。温度差がとても激しいです。体調管理に気をつけながら冬の中国を楽しもうと思います!

 null

 



【短期留学】中国留学体験記 山本麻琴(社会福祉学科1年)

2018年10月25日 (木曜日) 18:16 | 投稿者:【nwuadmin

 null

 null

 null

 null

 null

 null


【短期留学プログラム】カンボジア&タイ〜ボランティア体験の旅〜

2018年10月24日 (水曜日) 14:07 | 投稿者:【nwuadmin

毎年8月に15日間で実施されているカンボジアとタイのスタディツアー。今年で13回目となりました。毎年、衣類やタオル、生活用品等400kg〜500kgの支援物資と一緒にカンボジアへ向かいます。物資の調達から物資の仕分け、パッキング作業等から事前学習会と学生だけでなく教員も出発前から忙しいツアーです。しかし、学生が現地で触れ、感じ、考え、学ぶことの大きさを考えると、止められません!!

null

はじめてのカンボジア
上空から見た景色は田んぼばっかり!?雨季なので、川と陸の境界がなくなっています。

null null 
カンボジアでは二つの孤児施設(ピースフルチルドレンホーム機▲曄璽爿供砲紡攤澆靴謄椒薀鵐謄ア活動をします。ただ子どもと一緒に遊ぶだけでもいいんです!このツアーのポリシーは、「できる人が、できる時に、できる事をやる!」だから。

null

ホームで子どもたちのためにカレーとトンカツ、かき氷を作ることが恒例となっています。子どもたちも私たちが作るご飯とかき氷を楽しみにしてくれています。カンボジアは暑い国ですが、ホームにはエアコンやテレビ、冷蔵庫がありません。子どもたちは、白玉とあんこをたっぷりのせた冷たいかき氷に大喜びです。

null null
日本で集めた衣類や生活用品を配り終えた後の1枚。タオル一枚やダンボール箱にも喜んでくれる子どもたち。皆さんの善意が届いた瞬間でもあります!モノを大切に使うことを心がけよう〜と改める瞬間です。

null

ホームでの活動を終え、涙のお別れ。また来年来たい!みんながそう願います。

null

アンコールワット遺跡見学を終えて、カンボジア料理店での昼食ですが、、、みんな歩き疲れてます。カンボジア料理は辛くないんです。

null

満腹女子!農村部の家には「木にハンモック」、必ずあります!

null

パームシュガーを作っている農家をたずねました。原始的な製法で作り続けています。

null

新しくできたおしゃれなレストランでの昼食。オーナーから日本人学生と一緒に写った写真を、ぜひSNS上にポストしたいとの希望が。

null

ポップコーンも大人気。作る過程もみんなで楽しみます!


null null
地雷原での一枚。長年にわたり続いた内戦によって、カンボジアに埋められた地雷は400万個とも600万個ともいわれています。その地雷の犠牲となっているのが貧しい農民や子どもたちです。「地雷があるかもしれない、でもその土地を離れることができない。」それは他に行く場所がないから。子どもたちが安心して走り回れる日がくるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。カンボジアの地雷撤去には日本の支援(ヘルメットや安全ベスト、トラック、機材には日本の国旗が入っている)が欠かせません。

null

ホーム兇濃った最後の写真。笑顔というか、ちょっと複雑な気持ちが表情にあらわれています・・・

null

カンボジアのポイペトから国境を越えてタイへ入りました。タイではミャンマーに近いカンチャナブリでエレファントキャンプへ。象さんに乗ってお散歩!


null

タイのフローティングマーケット。昔は貴重な交通手段だった船。この水路を囲むように民家が建ち並び、日常生活の様子を見ながらマーケットへ。


null null
タイの伝統工芸を体験。粘土で象を作ったり、蘭の花で飾りを作りました。



null null 

null null

ツアー最終日は、贅沢にもシーフードレストランで豪華ディナー。
いちばんのおススメは、マッドクラブのスチームと、バンコク名物:渡り蟹を使ったプーパッポンカリー!

このように本学の海外研修・留学制度には、1〜2週間の海外スタディツアーから、3週間程度の海外コミュニティサービスプログラムおよびShort Term Language Program、半期または1年のInternational Exchange Programというように期間、内容ともに多彩なプログラムが揃っています。

詳しくはこちらをご覧ください⇒海外研修・留学について

Powered by nucleus.
海外留学体験レポート