韓国留学レポート2〜山本怜旺さん〜|Wesleyan World|現代社会学部・外国語学科|学部・学科

まちづくりブログ|現代社会学部・外国語学科|学部・学科
外国語学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

韓国留学レポート2〜山本怜旺さん〜

2017年6月14日 (水曜日) 08:00 | 投稿者:【nwuadmin

韓国にきて3か月が経ちました。
語学堂が終わって、今は午前中に時間があるので、朝はいつも韓国のmusicを聞いてモチベーションを高めるというルーティンを送っています。午後からは授業を夕方の5時まで受けたあと、部屋でゆっくりして友人とごはんを食べに行くという流れです。

そして、夜は虫を退治してから寝ます。部屋には僕の苦手とする虫が多く存在します。そのため、僕は虫がいる中では寝ることが出来ないのです。だから毎晩、先輩の山口雄大くんと共に虫を退治するといったルーティンも送っているのです。

韓国での生活には、完全に慣れました。最近、自分の夢に韓国の友達が出てくるほどです。語学堂も終わったということで、留学生活について、久しぶりに真面目に振り返りたいと思います。

留学生活も後半になってきて、こんなにも時間が過ぎるのが早い経験をしたのは初めてです。韓国語も全然わからないまま留学して、絶望の日々を過ごした時もありました。そんな中、支えになってくれた日本人留学生や、懲りずに何度も接してくれる韓国人学生。本当に今を楽しめている自分があるのは、その支えがあってこそだと思うし、人とのつながりがなければ、やっていけないのだと改めて感じさせられました。

そこで僕は、留学はただ語学を勉強するだけのところではないと、そう思いました。
留学は、今まで何気なく触れていた人の優しさや、日常にある幸せ、それら全てを具体化し、あたりまえが当たり前ではなかったことに気づかせてくれる。そんな力があるのかなあ。と僕は思いました。

大げさだと思うかもしれませんが、僕の感じたものと偽りはないです。
あと1か月後で、この留学レポートも最終章になります。たくさんの素晴らしい内容が書けるように、残りの日々を楽しみます。

《韓国留学生活の日々》
null

null

null



Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.