きらめき認知症トレーナーから学ぶ〜社会福祉援助技術論供繊段〇磴反翰のブログ。|現代社会学部・社会福祉学科|学部・学科

まちづくりブログ|現代社会学部・社会福祉学科|学部・学科
社会福祉学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

きらめき認知症トレーナーから学ぶ〜社会福祉援助技術論供

2015年2月04日 (水曜日) 16:05 | 投稿者:【nwuadmin

本学では、福祉や医療の現場で実際に活躍する専門職の方に、定期的に講義・演習・実習等に参加していただいており、専門職の方たちとの交流・対話を大切にし、学生たちが能動的に学ぶアクティブラーニングにより、実践的かつ専門的な学びを得ることができるように講義をしています。

今回は、『社会福祉援助技術論供戮旅峙舛砲いて、
有限会社 医療福祉評価センター きらめき認知症トレーナー 小関 彰恵氏より
認知症の理解とかかわり 「認知症の“人の気持ち”」〜思いを理解してかかわる〜
をテーマに講義をしていただきました。
20150204-150123wesleyan_1.jpg


通常、介護・福祉現場の職員や老人会の会員などを対象に講義をされている小関氏の講義は、事例とクイズ形式により展開され、認知症の基礎知識や種類・症状から予防法まで、認知症についてより詳しく学生たちは学ぶことができました。
20150204-150123wesleyan_2.jpg 20150204-150123wesleyan_4.jpg


また、現場職員を対象にしているために、講義の中では専門用語が多く用いられていますが、小関氏が一つ一つ丁寧に説明をしてくるために、専門的ですがわかりやすい内容でした。
20150204-150123wesleyan_3.jpg 20150204-150123wesleyan_5.jpg


特に、事例を通して学ぶことで、学生たちは認知症を身近な事柄として捉えやすく、自分たちが知っていた知識や対処方法が誤ったものだと自ら気づくことができます。
この『自ら気づく』ことによって、学びがより身につきやすくなり、実践力の向上につながっています。

最後になりましたが、
有限会社 医療福祉評価センター 代表取締役 藤原 勉氏、
有限会社 医療福祉評価センター きらめき認知症トレーナー 小関 彰恵氏、
ご多用の中、講義していただき、ありがとうございました。


Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.

受験生向け情報

  • 受験生の皆さま向け情報はこちらへ

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

注目コンテンツ

  • スーパー特待生入試案内
  • 資格特待制度について
  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
    テレメールによる資料請求

第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール