【社会福祉学科】〜教員紹介シリーズ〜開浩一(ヒラキコウイチ)先生|福祉と心理のブログ。|現代社会学部・社会福祉学科|学部・学科

社会福祉学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【社会福祉学科】〜教員紹介シリーズ〜開浩一(ヒラキコウイチ)先生

2019年10月28日 (月曜日) 16:23 | 投稿者:【social

 社会福祉学科には「どんな先生がいて、どんな研究をしているのか」興味や関心を持ってもらえるように教員紹介を行います。6番手は開先生です。


 皆さんこんにちは。私は開浩一といいます。私は、PTG(posttraumatic growth:外傷後成長)について研究をしています。PTGとは、人生の中で非常に困難な出来事に遭った人が、そのもがきの体験から成長するということです。


 PTGの成長には、次の5つの種類があることがわかっています。

 畋昭圓箸隆愀検曄‖召凌佑反凸感をもったり、人に対して思いやりの心が強くなるなど。
◆攷靴燭焚椎柔】 新しいことに関心を持ったり、新たなチャンスが生まれているなど。
【自己の強さ】 思っていたより自分は強い、困難に対処できると感じるなど。
ぁ收鎖誓的変容】 宗教的信念が強くなったり、自分があらゆる存在とつながっているなど。
ァ攷誉犬紡个垢覺脅奸曄〕ダ莉膂未変わったり、一日一日をより大切にするようになるなど。


 PTGは、自然災害や事故などのPTSDを生じさせる出来事だけではなく、親しい人を失くしたり、病気になるなど、その出来事がこれまでの考え方や生き方を揺さぶるほどの衝撃であれば、経験する可能性があります。そのような出来事は辛いものですが、その辛さが成長をもたらす可能性があります。PTGはトラウマという暗黒世界に灯る希望の灯と言えるかもしれません。



20191028-______________________.jpg
長崎ウエスレヤン大学 クリスマスイルミネーション



週末カメラマンです。趣味で風景写真を撮りに行きます。



文責:開


Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

Trackback URL

Powered by nucleus.

受験生向け情報

  • 2020年度 受験生向けガイドブック
  • センター利用入試スーパー特待生入試案内
  • 資格特待制度について
  • 長崎ウエスレヤン大学 ビッグバンド特待生
  • スポーツ特別入試についてはこちら

注目コンテンツ

  • 長崎ウエスレヤン大学 インターネット出願サイト
  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
     テレメールで資料請求する
  • 長崎ウエスレヤン大学 学生がつくるCMプロジェクト
  • 長崎ウエスレヤン大学×夢ナビTALK | 3分で学問を伝えよう。

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ


第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール