『社会福祉実習』カテゴリの一覧 | 福祉と心理のブログ。|現代社会学部・社会福祉学科|学部・学科

社会福祉学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

平成26年度 実習報告会・実習担当者懇談会を行いました。

2015年2月17日 (火曜日) 10:06 | 投稿者:【nwuadmin

2月14日(土)に、社会福祉学科の実習報告会・実習担当者懇談会が行われました。

20150217-150214jishuhoukoku1.jpg


実習報告会では、昨年8・9月に実施された相談援助実習についての報告が行われました。
相談援助実習は、国家資格である社会福祉士と精神保健福祉士の現場実習です。
約一ヶ月間、現場で実習指導担当者や現場職員の方々から指導していただきながら、利用者や患者さまとの関係作りや援助方法について実践で学んでいきます。

報告会の発表者は、主に実習を終えた3・4年生です。
実習の目的・目標・達成度について報告され、発表者は実習についての振り返りを行いました。その他にも、実習中の気付きや課題についても報告されました。
20150217-150214jishuhoukoku2.jpg 20150217-150214jishuhoukoku3.jpg

20150217-150214jishuhoukoku4.jpg 20150217-150214jishuhoukoku5.jpg

20150217-150214jishuhoukoku6.jpg 20150217-150214jishuhoukoku7.jpg


事前学習や事前指導の中で学んでいたことでも、現場の実践の中では難しく、体験や経験不足を痛感した発表者も多く、この援助実習での学びは大きかったようです。

会場には、現場の実習指導担当者の方々をはじめ、来年度実習を控えている2・3年生たちが聴講参加しました。聴講参加の学生たちは、報告中もメモを取りながら真剣に聞いていました。
20150217-150214jishuhoukoku9.jpg 20150217-150214jishuhoukoku10.jpg


報告会終了後、実習担当者懇談会が行われました。
この懇談会は、大学(養成校)と、現場(実習指導担当者)の両者で、援助実習についての振り返りを行い、より良い現場実習にむけて意見交換が行われます。
社会福祉学科では、このような懇談会や研究会などを通して、より実践に近い実習が実施できるように工夫をしています。


実習報告会発表者の皆さん、お疲れ様でした。
そして、聴講参加していた学生は、来年度の援助実習にむけて、励んでください。

最後になりましたが、ご多用の中、ご出席いただいた実習指導担当者の皆さま、ありがとうございました。


◆◇ 長崎ウエスレヤン大学 実習報告会 ◇◆

2010年11月30日 (火曜日) 11:02 | 投稿者:【social

 11月27日(土)平成22年度 長崎ウエスレヤン大学 実習報告会を開催しました。

nullnull

nullnull
 

 今回は、今年8〜9月に1ヶ月間の実習を修了した3・4年生が、鮫島記念ホールと西山ホールの2会場に分かれて、社会福祉(午前)、精神保健福祉(午後)の実習報告を行いました。

nullnull

nullnull
 
nullnull


 発表者は、緊張しながらも、1ヶ月間の実習で学んだこと、反省点や課題などを、全員がパワーポイントを活用し、発表しました。

nullnull

nullnull

nullnull

nullnull


 お忙しい中、実習先から施設長や指導担当者(SW・PSW等)の方々にもご出席いただき、報告内容に対するご意見、ご助言をいただきました。

nullnull

nullnull

nullnull


〜聴講参加の学生(来年実習予定の2年生)の感想〜
・利用者の方を多角的な視点でみていくことが、非常に大切であると思った。その際、最も重要になる点は、『利用者理解』であり、利用者の方が、どのようなニーズを抱えているか、また利用者本人は、そのニーズに気付いているのか、気付いていないのかについても、明確に把握することが重要である、ということを学んだ。援助者の押し付けの援助計画ではなく、利用者を尊重した援助計画の作成を心掛けなければならない、という点についても、詳しく学ぶことができ、嬉しく思う。
・患者様が幸せになれるケアプランとは何か?ただ退院させればよいという訳ではない。患者様の希望を尊重するのは当然ですが、そのメリット、デメリット、プロセスをきちんと説明し、しっかりと理解、納得してもらえなければならないと現実的なケアプランを話し合って作りあげていかなければならないと思いました。
・実習に行く前に、先輩方の報告を聞けた事は、とても大きな機会だった。先輩方の反省をしっかり頭に入れて、自分も同じ反省が出ないようにしたい。
・先輩方の話を聞き、実習に行く前までにどれだけ自己学習をして知識を増やしておくかが、大切なのだと思いました。

 発表者の皆さん、実習報告お疲れ様でした。

 来年実習予定の2年生は、どのような施設・機関で何を学びたいのか目的意識をしっかりもって実習の事前学習に取り組んでほしいと思います☆

そばお


相談援助実習指導1 施設見学 (第1回)

2010年11月08日 (月曜日) 15:44 | 投稿者:【social

 実習おける事前学習の一環として取り入れている「施設見学」。本学では、2年の後期に開講される「相談援助実習指導機廚旅峙舛涼罎如高齢者・障害(児)者・児童・社協など各分野の福祉施設の理解を深めるために、「施設見学」を実施しています。

 短時間の「見学」だけでなく、利用者様との交流の機会を盛り込んだ「体験学習」として実施することで、福祉施設の現状をより理解し、今後の実習事前学習に繋げることを目的としています。

 今回の指導気任蓮⊂祿下圈高齢者・社協の計3回の施設見学を計画しています。

 第1回目は、10月30日(土)に社会福祉法人 南高愛隣会の諫早市内の4施設に分かれて行いました。
 .妊ぅ機璽咼垢覆やま(児童デイサービス、生活介護)諫早市福田町
 ▲屮襦璽好イ(就労継続支援事業A型)諫早市福田町
 わーくかんまち(自立訓練(生活訓練)事業、就労移行支援事業)諫早市上町
 い錙爾やまびこ(生活介護事業、就労継続支援B型事業)諫早市小野町
 各事業所パンフレットなど、詳しい活動内容はこちら

 今回は、「わーくやまびこ」(生活介護事業、就労継続支援B型事業)での施設見学の様子をお伝えします。

  


 「わーくやまびこ」では、雲仙市で行った乗馬療法の成功を踏まえ、ポニーで乗馬療法を行うとともに、一般の方々へ乗馬体験を提供されています。動物の存在自体がもたらす癒しと、そのふれあいを通して情緒を安定させる一方で、就労の喜びも育んでいらっしゃるそうです。

  


  

 
 次回は、11月13日(土)特別養護老人ホーム 天恵荘です。

そばお


☆★ 相談援助実習指導1 スタート! ★☆

2010年10月28日 (木曜日) 17:40 | 投稿者:【social

長崎ウエスレヤン大学社会福祉学科では、社会福祉士・精神保健福祉士の養成を行っています。

 社会福祉士の受験に必要な科目として「相談援助実習」があり、毎年8・9月に高齢者・障害(児)者・児童・社協など様々な施設・機関で24日間の実習に臨んでいます。

 今回は、実習に入る前に必要な「相談援助指導機廚瞭睛討砲弔い董△款匆陲靴泙靴腓Α福0^)/^^

 本学では、毎週火曜日の4時限目に開講されています。この科目では、援助者としての姿勢、社会福祉相談援助の専門知識、援助技術や実習領域の基礎知識を深めることを目的として4人の先生方が担当されています。

 第1回目(10月5日)は、相談援助実習の意義と実習の領域(分野)について、オリエンテーション(講義)がありました。

 


★高齢者について (太田 勝代 先生より)  ★障害者について (金 文華 先生より)
 
 

★社協について (罅○綾咫\萓犬茲蝓法     児童について (占部 尊士 先生より)

 

 実習領域について、各専門の先生方からの説明に、熱心にメモを取る学生たち!


 最後に、『次回の指導気泙任膨鷭弌』と、課題レポートが出されました。
1.あなたは何のために相談援助実習を行うのですか?
2.施設見学時に、利用者さんと何を一緒にしたいですか?

 初回の講義を受けて、学生の皆さんは、何を学び、それを今後どのように発展させていくのか楽しみです♪

そばお





☆★先輩からのアドバイス2(社会福祉実習)★☆

2009年12月09日 (水曜日) 13:09 | 投稿者:【social

 前回に引き続き、社会福祉援助技術現場実習気旅峙舛如長崎市社会福祉協議会に勤務している田中信さんに講話をいただきました。

 

 田中さんは、2004年に長崎ウエスレヤン大学を卒業後、旧高島町社会福祉協議会に勤務し、合併後の2008年から長崎市社会福祉協議会に転勤。現在、日常生活自立支援事業(旧権利擁護)を担当し、40万人都市の長崎市を田中さんを含め2名で行っているそうです。



 「毎日常に何か問題がおき、休む暇がないくらい刺激的で退屈しない」「そこにいる人の笑顔や喜び(悲しみ)、人と人とのつながりを感じられる」と日常生活自立支援事業(旧権利擁護)の魅力を語ってくれました。



 【聴講生の感想】
○卒業生の方のお話を聞きましたが、卒業後私はこんふうになれるのだろうかと考えてしまうくらい、先輩方は福祉に対して熱いものを持っておられました。後輩に何かを残せるくらい、たくさん失敗からの学びと成功らの自信をつける実習をしたいです。
○福祉とは人と接して、悲しみ、喜びを共有できること が魅力だということを学んだ。
○実習の留意点で「実習計画書は具体的に書かなけ れば、指導側も何を指導したらよいかわからない」と いうお話を聞き、指導者のためでもありますが、まず自分が成長したいのであれば実習計画書を具体的 に書き、自分のために指導者から詳しい指導を得られるようにする必要があることがよく理解できました。
○大切なのは実習評価ではなく終った時にどれだけいいものになったのか、いいものを得ることができか、が一番大事なことだと学んだので、より良い実習にするために事前の学習など精一杯頑張ります。
○“若さ・元気・笑顔”を最大限に生かすこと、興味を持 つこと、中途半端な気持ちで臨んではいけないということ、考えればわかることだけれども、そこを心掛けることが一番大事と講話の中でもあったので、初心にかえり気を引き締めていきます。

 優しい眼差しと温かみのある口調で、わかりやすく福祉の魅力を伝えてくださった田中さん、本当にありがとうございました。

 本学では2年次の春休みに、4週間の現場実習を行う予定の実習先で、5日間の福祉実習体験を行っています。今回の先輩方のアドバイスをもとに、実習に対する目的・目標を明確にし、5日間の実習体験を踏まえて、来年夏の現場実習を実りあるものにしましょう♪

そばお




Powered by nucleus.

受験生向け情報

  • 2019年度 受験生向けガイドブック
  • スーパー特待生入試案内
  • 資格特待制度について
  • 長崎ウエスレヤン大学 ビッグバンド特待生
  • スポーツ特別入試についてはこちら

注目コンテンツ

  • 長崎ウエスレヤン大学 インターネット出願サイト
  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
     テレメールで資料請求する
  • 長崎ウエスレヤン大学 学生がつくるCMプロジェクト
  • 長崎ウエスレヤン大学×夢ナビTALK | 3分で学問を伝えよう。

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ


第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール
社会福祉実習