『General』カテゴリの一覧 | 福祉と心理のブログ。|現代社会学部・社会福祉学科|学部・学科

社会福祉学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【社会福祉学科】「これからの地域精神医療・福祉の発展をめざして in 長崎」COMHBO研修会が本学で開催されました。

2019年4月04日 (木曜日) 14:30 | 投稿者:【social

 3月23日(土)に、長崎ウエスレヤン大学・鮫島ホールにて地域精神医療保健福祉機構COMHBOコンボ主催の研修会を実施され、県内外から精神医療福祉の関係者や当事者の方々、その家族の方など約70名が参加しました。

 「これからの地域精神医療・福祉の発展をめざして−本音で語ろう!アウトリーチの今と未来」をテーマとし、前半の基調講演には元厚生労働省精神・障害保健課長(元精神保健研究所長)の福田祐典先生にご出演いただきました。先生の「我が国の精神医療の現状と今後の方向性−アウトリーチの過去、現在、未来−」では、これまでの精神医療の歴史をふまえ、これからの我が国におけるアウトリーチ支援の実現に向けた政策展望についてお話していただきました。


20190404-____________-min.jpg


 後半のシンポジウムでは、西南学院大学教授の舘暁夫先生に司会をご担当いただき、シンポジストの先生方には、全国各地でアウトリーチ、ACTの実践や普及、精神保健福祉士の教育に携わられている著名な先生方にご出演いただきました。千葉県にある国保旭中央病院神経精神科主任部長の青木勉先生には、病院で実際に取り組まれているCMHT(コミュニティ・メンタルヘルス・チーム)の実践について、また地域精神医療保健福祉機構COMHBO ・ACT全国ネットワークの久永文恵先生には、日本におけるACTの現状と課題、社会福祉法人南高愛隣会AI-ACTの坂口遼太先生・伊藤千種先生には、諫早市でのACTの実践を通して感じるアウトリーチの課題を、より具体的な内容かつ現実的な課題や展望をふまえて本音で語っていただきました!そして、武蔵野大学教授の岩本操先生に、これからの精神障害者の方々の地域生活支援を中心となって担っていくべき職種である精神保健福祉士の役割とその人材育成について、業務指針や養成カリキュラム作成の動向をふまえてお話していただきました。


20190404-____________-mini.jpg


 最後には、社会福祉法人南高愛隣会理事長の田島光浩先生より研修会の総括をしていただきましたが、今、精神医療・福祉の分野では、ますます地域を基盤とした実践が求められています。この研修会は、アウトリーチやACTについての最新の政策動向、最先端の実践や養成教育の在り方について学べる素晴らしい機会となりました。
 

20190404-____________-minio.jpg


 お忙しい中、ご出演いただいた先生方、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。



文責:力久

【社会福祉学科:地域総研:国際交流】台湾:長榮大学にて社会福祉関係学科との意見交換を行いました。

2019年3月16日 (土曜日) 15:21 | 投稿者:【social

皆さんこんにちは。

3月10日から13日にかけて、台湾を訪問させて頂きました。

3月12日に台南市の長榮大学を訪問させて頂きました。国際交流や社会福祉関係学科との意見交流会を行いました。今回の社会福祉学科のブログでは、社会福祉関係学科についてご報告させて頂きたいと思います。

20190316-dsc06953.jpg
長榮大学です。

歓迎式では李泳龍校長をはじめ多くの先生方が出席され、意見交換が行われました。
20190316-dsc06966.jpg

午前は健康科學學院醫務管理學系の先生方と意見交換を行いました。


20190316-dsc06971.jpg

20190316-20190310__12316_0313___________190316_0082.jpg

應用日語學系江旭本助理教授に案内と通訳をお願い致しました。


20190316-dsc06972.jpg
長榮大学:健康科學學院 院長 柯順耀 教授
     醫務管理學系    陳慧珊 助理教授
     醫務管理學系    陳怡君 講師
     應用日語學系    江旭本 助理教授
長崎ウエスレヤン大学:経済政策学科 菅原 良子 教授
           経済政策学科 登り山 和希 准教授
           社会福祉学科 力久 愛 専任講師
           社会福祉学科 波名城 翔 専任講師


また、健康科學部の教室を見学させて頂きました。

20190316-dsc06975.jpg


お昼の時間には、醫藥科學產業學系 劉亭 助理教授
        醫務管理學系 曾琳雲 助理教授 

と意見交換行い、社会福祉の日本の状況や共同プログラムの可能性などの検討行いました。
           
20190316-20190310__12316_0313___________190316_0070.jpg
 
意見交換の様子



午後には、楽齢大学の見学、社會工作學系(所)主任 鄭佩芬 副教授と意見交換を行いました。

楽齢大学では文科省の助成を受け実施され、定期的に授業が行われるそうです。今回は私たちのために歓迎の挨拶を頂き、意見交換も行われました。質問では、2011年3月11日に発生した東日本大震災のときのことが質問にあがりました。台湾から日本のことを想っていることや家族が日本にいたなどの話しを伺いました。

また、大学の楽しみとして友達ができるなどの意見を伺い、皆さん楽しそうに受講されていることを感じました。

20190316-dsc06983.jpg

應用日語學系 王珮瑜 助理教授、楽齢大学の皆さん


社會工作學系(所)主任 鄭佩芬 副教授とは、台湾の国家資格である社會工作師についての教育プログラムや実習等について意見交換を行いました。

20190316-dsc06986.jpg

20190316-dsc06989.jpg

左から2番目:社會工作學系(所)主任 鄭佩芬 副教授

今回の訪問を通して台湾の社会福祉に関すること学び、また、今後の共同のプログラム等の可能性など、今後の展開が進みました。

お忙しい中、ご対応頂きました、長榮大学の先生方にこの場をお借りして深く感謝申し上げます。

                                文責:波名城 翔



【社会福祉学科】五島市にて研究報告会を行いました。

2019年3月14日 (木曜日) 22:00 | 投稿者:【social

皆さんこんにちは。

今年度、全国老人福祉施設協議会様より研究費を頂き、五島市にて実施させて頂いた
「五島における福祉・介護の協働ネットワーク(バンク)の創設に関する研究」の研究報告会を行いました。

私は、仝淌膸埃匆駟〇禧┻腸駘佑里感力を頂き、民生委員児童員、主任児童員様にアンケートを行った分析結果、玉之浦地区での移動販売の実証実験の結果、について報告させて頂きました。

20190314-dsc06999.jpg


岩永学科長からは、
五島市における福祉・介護の「協働の包摂ネットワーク」に関するアンケートからの提言を行いました。
20190314-p_20190314_150909.jpg

今回の研究の連携施設である、特別養護老人ホームゆうゆうの里 門原氏からは
五島老人福祉施設協議会のアンケート結果からの提言を行いました。

20190314-p_20190314_151754.jpg

活発な意見交換も行われました。
20190314-dsc07002.jpg

<参加者>
五島市役所 長寿介護課長
五島市役所 課長補佐兼長寿支援班係長
五島市役所 地域づくり協働班係長
五島市社会福祉協議会長
五島市社会福祉協議会 地域福祉課長
五島市民生委員・児童委員協議会長
五島市老人クラブ連合会長
五島市老人福祉施設協議会副会長


今回の報告会で配布させて頂きました資料につきましては、ご要望を頂き五島市の関係者の皆さまに配布することになりました。

今回の研究の結果から、民生委員児童委員、主任児童委員の皆様の抱えている課題と老人福祉施設協議会様ができる社会貢献とのマッチング、そして地域での提言までできたことは過疎化、高齢化の進む地域おける1つの新たなモデルになると思います。

ご協力頂いた皆様に深く感謝申し上げます。

                                  文責:波名城


【社会福祉学科】「島人ぅ〜部」の新上五島町調査が終了しました。

2019年3月06日 (水曜日) 15:18 | 投稿者:【social

皆さん、こんにちは。

離島を応援する「島人ぅ〜部」の調査は終了いたしました。当初の目的の100名を大きくこえる120名の75歳以上の方にインタビューを頂きました。

新上五島町社会福祉協議会の皆様には、対象となる方や民生委員の皆様への事前の協力依頼から、当日の同行訪問、学生のフォローまでお世話になりました。おかげさまで誰1人体調を崩すことなく長期間のフィールドワークを行うことができました。この場を借りて深く感謝申し上げます。

今回のインタビューデータは集計、分析を行い新上五島町社会福祉協議会様へ資料として提供させて頂く予定です。

下記に学生からの感想と写真を記載致します。


<小川 あかり>
 今回このような活動に参加させていただいたことで、人と人とのつながりとは何か、改めて考えさせられました。新上五島町は、一言では言い表せないような素敵な場所で、訪問した先々のお宅では、どこから来たのかわからないような大学生を、温かく受け入れてくださいました。
私自身、価値観の変わるような経験をさせていただいたと感じています。
名前を言えば顔が浮かぶようなつながりがあり、諫早にはない地域の在り方を目の当たりにして、たくさんの刺激を受けました。
貴重な経験をする機会を下さった波名城先生、岩永先生、全面的なバックアップをしてくださった新上五島町社会福祉協議会の皆様に心から感謝しています。
波名城先生、是非また連れて行ってください!


<高尾 奈名>
はじめまして、社会福祉士学科2年の高尾です。
波名城先生と離島研究チームを結成し始めての研究として新上五島町へ調査に行ってきました。上五島研究に至るまでに、実は 壱岐の観光、対馬の福祉と2つの研究に挑戦していましたが、実らせることができずに悔しく、歯がゆい思いを経て この上五島へとたどり着きました。
 今回、実際に高齢者の方のお宅を一件一件訪問させて頂いての調査でしたが、離島という特殊な環境におかれた地域に住む方たちが感じる、生活の不便さ、将来の不安、土地への愛着、家族の思いなど、アンケート用紙を回収するだけでは見えない真のニーズ、想いを聴けたのではないかと思っています。
 調査にあたっては社協の皆さまにサポートしていただき、有意義な時間を過ごすことが出来ました。直接お話をすることで、挨拶や話の進め方、聴き方、切り方、まとめ方など実にたくさんの事を学び、経験させて頂きました。この上五島で学んだことを生かせるよう、そして温かく迎え入れてくださった島の方々に恩返しが出来るよう頑張って行きたいと思います。
 最後に、最初から最後まで、本当にお世話になった 新上五島町社会福祉協議会の各支所長様をはじめ職員の皆さま、一番近くで支え、見守ってくれた波名城先生、この研究へと導いて下さった岩永先生、共に励まし合いながら頑張った研究員の2人、訪問調査を快く引き受けてくれた島民の方々、その他お世話になった全て人に感謝を伝えたいです。


<山口 楓>
今回は上五島でアンケート調査を行ってきました。最初はガチガチに緊張していましたが、新上五島社会福祉協議会の職員の方々を始め、岩永先生、波名城先生や一緒に調査に行った小川さん、高尾さんに支えられなんとか調査を終えることが出来ました。上五島の人たちはみなさん優しい人ばかりでとても温かく迎えてくれました。調査では、島民の方の島に対する思いやこれからの生活について話を聞き、今の地域をとても愛しているのだという気持ちが伝わってきました。また、地域の中でのつながりが厚いのはもちろん、民生員さんや社協の職員さんとの日頃から付き合いがあり、とても温かいものを感じました。今回の研究で自分自身の地元の事をもっと知り上五島のような温かいつながりが出来ればよいと思いました。たった1週間という短い期間でたくさんの人と出会い、関わり、つながることが出来ました。
最後に、とても貴重な体験をさせていただいた新上五島社会福祉協議会の職員の方々を始め、研究に誘って頂いた岩永先生・波名城先生、温かく私たちの調査を受け入れてくださった島民の皆様、その他この研究でお世話になった全ての方々には本当に感謝しております。


20190306-dsc06850.jpg
朝礼には学生も参加させて頂きました。

20190306-dsc06854.jpg
民生委員さんと社会福祉協議会の入江さんと訪問しています。

20190306-dsc06843.jpg
奈良尾地区です。
階段が多いため、地域の企業が社会貢献として踊り場にベンチを設置する運動をされているそうです。

20190306-dsc06847.jpg
奈良尾地区のコミュニティカフェです。
高齢者の集いの場となっています。

20190306-dsc06798.jpg
新魚目地区の診療所です。

20190306-dsc06800.jpg
イノシシ、鹿対策だそうです。カラスの問題もあり、
「イノ(猪)シカ(鹿)チョウ(カラス)問題」と呼ばれているそうです。

20190306-________128674__190306_0051.jpg
スーパーがない地域には移動販売車が大活躍です。

20190306-dsc06803.jpg
民家がどんどん少なくなっているそうです。

20190306-dsc06853.jpg
訪問させて頂いたお宅での写真です。(掲載について、ご本人さん、ご家族の許可を頂いております)

20190306-________128674__190306_0012.jpg
新上五島町社会福祉協議会の皆さんには意見交換会まで開いて頂きました。

20190306-p_20190213_145945.jpg
あこうの樹:欅坂46の長濱ねるさんが写真を撮影されたということで人気だそうです。

20190306-dsc06826.jpg
若松島にかかる橋です。


                                 文責:波名城

【社会福祉学科】沖縄県宮古島にて講演をさせていただきました。

2019年2月25日 (月曜日) 10:36 | 投稿者:【social

2/23(土)に、沖縄県宮古島にて「宮古島における精神障がい者の地域生活支援シンポジウム」にて力久先生と講演させていただきました。

当日は予想を超える約80名の方にご来場いただきました。参加された方は、長く宮古島の精神医療に携わられてきた元精神科師長や現役の精神科医師、看護師、精神保健福祉士、保健所、福祉事務所、市役所、福祉機関の職員等、市民、精神障害当事者や当事者家族の皆様など多くの方々に参加頂きました。また、岡山県や福岡県、沖縄本島、石垣島からも参加された方もいらっしゃいました。

主催団体の「宮古島地域精神医療保健福祉研究会」は行政機関、医療機関、福祉機関、精神障害当事者、一般市民で構成された団体で職業や肩書に関係なく皆さんが力を合わせて宮古島の精神医療保健福祉の向上を目指す団体で、皆さんの熱いパワーを感じました。

宮古島地域精神医療保健福祉研究会のホームページはこちらです。


20190225-dsc06862.jpg
会場は満席でした!!


20190225-dsc06863.jpg
講演演題 А嵶ヅ臙楼茲砲ける精神障がい者の支援の現状」:波名城


20190225-dsc06866.jpg
講演演題◆ACT(包括的地域生活プログラム)の取り組みについて」:力久先生


シンポジウム演題:宮古島の精神障がい者福祉を再考する
20190225-dsc06883.jpg


20190225-dsc06894.jpg
医療機関、行政機関、福祉機関、当事者、当事者家族の皆さんがそれぞれの立場でお話しされました。

関係機関の連携や当事者の方からの質問など幅広い内容となりました。


20190225-dsc06905.jpg
シンポジウム実行委員の皆さん

また、翌日の宮古毎日新聞でも大きく掲載されました。

宮古島でのシンポジウムを通して島の皆さんの熱い想いを感じることができました。このような貴重な機会を頂いた、宮古島地域精神医療保健福祉研究会の皆様にお礼申し上げます。


                                 文責:波名城


Powered by nucleus.

受験生向け情報

  • 2019年度 受験生向けガイドブック
  • スーパー特待生入試案内
  • 資格特待制度について
  • 長崎ウエスレヤン大学 ビッグバンド特待生
  • スポーツ特別入試についてはこちら

注目コンテンツ

  • 長崎ウエスレヤン大学 インターネット出願サイト
  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
     テレメールで資料請求する
  • 長崎ウエスレヤン大学 学生がつくるCMプロジェクト
  • 長崎ウエスレヤン大学×夢ナビTALK | 3分で学問を伝えよう。

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ


第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール
General