学びの内容・進路・資格|現代社会学部・社会福祉学科|学部・学科

学びの内容・進路・資格|現代社会学部・社会福祉学科|学部・学科
社会福祉学科の学びの内容、期待される進路、取得できる資格についてご紹介します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063
福祉の仕事に就くには、ほとんどの場合資格を必要とします。 でも、大切なのは、その資格を使って自分が何をやりたいのかを見つけること。社会福祉学科では、幅広い学びの中で徐々に、しかし確実に自分の目標を見つけることができます。

社会福祉学科での学び(ディプロマポリシー)

社会福祉学科は、コミュニティにおける生活の質の全体的向上をめざすという広い視点に立ち、かつ福祉のグローバル化に対応する能力を備えて、福祉・医療・保健・教育・文化のネットワークの中で、福祉援助業務に従事することのできる人材を育成します。

社会福祉学科に入学した学生さんが、4年間を通して学ぶこと、学ぶべきことを一言でいえば、「様々な暮らしの課題や悩みごとを抱える個人や家族や集団や地域に対して、問題解決のための相談や助言や支援のできる専門家(これを私たちはソーシャルワーカーと呼んでいます)になるために必要とされるあらゆる事がらを学ぶ」ということになります。
ただし、これらの事がらは、短期間で一気に修得できるようなものではありません。じっくりと時間をかけ、様々な知識や経験を積み上げながら段階的に学んでいくことが大切です。また、対応すべき課題の領域も、従来までの児童、高齢、障害、貧困にとどまらず、近年では、医療、保健、教育、司法、労働、環境、文化、国際、地域と様々な分野にまたがっています。
そこで本学科では、学生自身が希望する将来の進路に応じて、学ぶべき学習分野(教育プログラム)を絞り込めるよう、下記の3つの専門コースを用意しています。2年次までの間に自分の学びたいコースを確定させ、自分の夢に向けてステップアップしてください。社会福祉学科では、こうした教育プログラムを通して、豊かな人間性を培い、専門的な知識や技術を駆使できる実践力を兼ね備えたソーシャルワーカーの養成を目指しています。


社会福祉学科では、卒業までに以下の4つの能力を身につけることを目標としています。
(1)個人では解決できない様々な生活上の悩みや課題を抱えている人や家庭や学校や地域に対して、福祉の専門的な知識や技術を用いながら的確に対応できる素養と知識と実践力を有する。あわせて社会福祉士・精神保健福祉士等の資格を取得する。
(2)福祉やグローバリゼーションに向けた幅広い視野と深い人権感覚を有する。
(3)保健・医療や教育などの隣接領域と連携できるソーシャルワーカーとしての関係形成力やプレゼンテーション能力を有する。
(4)様々な地域資源をマネージメントできるプランナーとしての情報収集力や分析力やリーダーシップを有する。

教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー)

社会福祉学科では、以下の方針で教育課程を編成しています。

(1)実践力向上のための段階的教育プログラムの重視
コミュニティサービス・ラーニングなどの地域貢献活動やボランティア・海外研修等の様々な現場体験を積極的に奨励し、コミュニティワーカーとしての素養や資質を磨くとともに、学習目標の絞込みや動機づけに役立てる。また、ソーシャルワークの実践力を身に付けるため相談援助科目―演習―実習指導―現場実習間の教育内容の連動性と系統性を踏まえた科目配置とその運用に心がける。そして、専門演習や福祉総合演習や教育実習等によって、希望する進路に応じた学習・研究活動に専念できるよう配慮する。

(2)国家試験(社会福祉士・精神保健福祉士)資格所得のための徹底指導
社会福祉の実践力を兼ね備えた専門職を養成するための学科であることを明確に位置づけ、専門職の基礎要件である国家資格取得のための「社会福祉原論機Ν供廖◆屮宗璽轡礇襯錙璽総論機Ν供廖◆崔楼菠〇穗性機Ν供彭の指定科目を中心としたカリキュラム編成とする。さらに、「福祉総合演習機Ν供Ν掘Ν検廚砲いて、これまで学んできた学習内容の見直しと国家試験合格に向けての具体的な学習の取り組みを支援する。

(3)3コース体制により多様な学習ニーズを充足
想定される進路に応じ本学科を「社会福祉コース」・「精神保健福祉コース」・「医療福祉コース」の三つのコースに分けている。なお、社会福祉士関連科目を一般的・包括的なジェネリック科目群とし、複線的に医療福祉もしくは精神保健福祉等のスペシフィックな科目群を位置づける。

コース選択による学習分野

◎医療福祉コース
病院において療養中の患者の、心理的・社会的・経済的諸問題の解決を促し、社会復帰を支援する専門職としての医療ソーシャルワーカーを養成するコースです。
◎社会福祉コース
こどもや高齢者、障害のある人など福祉サービス全般にわたる利用者への相談支援や自立支援を担う専門職としての社会福祉士を養成するコースです。
◎精神保健福祉コース
ひきこもりや不登校、認知症高齢者など増加する精神保健ニーズへの対応および、精神障害のある人の自立支援を担う専門職としての精神保健福祉士を養成するコースです。

学生の主な研究テーマと、その後の進路。

◎学生の主な研究テーマ

◎社会福祉
・学童保育の現状と課題
・デンマークと日本における認知症高齢者に対するケアの現状
・重度身体障害者の自立生活について
・障害児(者)の地域での暮らしについて
・介護保険の現状と課題
・障害者と性
◎精神保健
・保健所における精神保健活動
・精神障害者グループホームの現状と課題
・統合失調症者の社会復帰について

◎医療福祉
・ホスピスについて
・医療と福祉との連繋について
・ターミナルケアについて
◎カウンセリング
・思春期の女性のダイエットについて
・コンプレックスとパーソナリティに関する研究
・うつ病の音楽療法効果について
・児童の健全育成における乳児期の発達の重要性

◎想定される進路先

福祉事務所、社会福祉協議会
身体障害者・知的障害者更生相談所、家庭児童相談室
児童相談所、家庭裁判所等
一般病院
精神科病院、精神障害者施設等
老人・障害・児童福祉施設
地域包括支援センター
老人ホーム、老人保健施設等
特別養護老人ホーム等
ケアハウス、療養型病床群等
重症心身障害児者施設等
在宅訪問介護
介護相談機関等
保育所、学童保育所、教育研修施設等
一般企業
高等学校、教師(福祉・公民)

取得できる資格

◎本学で授業を受けることにより取得可能な資格


◎取得目標の資格

受験生向け情報

  • 受験生の皆さま向け情報はこちらへ

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

注目コンテンツ

  • スーパー特待生入試案内
  • 資格特待制度について
  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
    テレメールによる資料請求

第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール