後援会(保護者)|学生生活

後援会(保護者)|学生生活
後援会奨学金制度は二種類とする。本制度の実施にについては後援会奨学金規程に基づき行うものとする。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063
後援会奨学金制度は二種類とする。本制度の実施にについては後援会奨学金規程に基づき行うものとする。

1.後援会奨学金

(1)支給額:月額20,000円
(2)支給期間:1年間
(3)採用数:若干名
(4)採用対象:学業人物優秀で、経済的事由により、修学困難な者。
(5)申請時期:5月中旬

2.後援会特別援助金

(1)支給額:校納金(授業料・教育充実費)の半期分全額を上限。
(2)支給期間:各学期
(3)採用数:若干名
(4)採用対象:家庭の経済的状況急変により、修学困難な者。
(5)申請時期:随時

長崎ウエスレヤン大学後援会奨学金規程

規程1
本規程の適用を受けることのできる者は、学業人物優秀であって、「経済的事由により修学困難な者」に対して後援会より奨学金を給付する。

規程2
奨学生の採用数は後援会奨学金、後援会特別援助金は共に若干名とする。併用の場合もある。

規程3
奨学生に給付する金額は後援会奨学生月額20,000円、後援会特別援助金は校納金(授業料・教育充実費)の半期分全額を上限とする。

規程4
本奨学金を受けようとする者は、所定の奨学金願書を学生課に提出する。

規程5
奨学生の選考は書類審査の上、面接によって後援会で選考するものとする。

規程6
奨学金の給付期間は後援会奨学金生1年間、後援会特別援助金は半期とする。

規程7
この奨学金は返済する義務はないものとする。

規程8
奨学生が休学した場合は、その期間奨学金を休止するものとする。

規程9
奨学生としてふさわしくない事態が生じた場合は、その処遇を取消すものとする。

長崎ウエスレヤン大学後援会部活動補助規程

長崎ウエスレヤン大学後援会は学生生活の充実及び学生生活の充実及び学生生活を奨励するために各サークルの対外活動に補助金を援助する。

規程1
登録料・加盟費は半額を補助します。

規程2
体育系クラブ
九州大会・全国大会に参加する場合、一団体につき九州大会は上限10万円、全国大会は上限20万円を遠征費として援助。同一団体に対しては年3回以内とします。

規程3
文化系クラブ
定期演奏会・発表会を学外で開催する場合及び調査・研究等を行う場合は申請願書を提出してください。

規程4
申請者は所定の申請書に経費明細・参加者名簿を添付して学生課に提出してください。(申請書は学生課にあります。)

規程5
援助を受けた団体は活動終了後、2週間以内に活動報告書及び領収書を添えて後援会に提出してください。報告書が提出されない場合は補助した全額を返還することになります。

附則.
本規程は2003年4月1日から施行する。

長崎ウエスレヤン大学後援会会則

(名称)第1条
 大会は長崎ウエスレヤン大学後援会と称し、事務局を長崎ウエスレヤン大学に置く。

(組織)第2条
 大会は長崎ウエスレヤン大学の在学生の保護者をもって構成組織する。

(目的)第3条
 大会の目的は大学の建学の精神および教育方針に基づき、保護者と大学が協力して学生の修学及び課外活動の支援・援助を促進することにある。

(理事)第4条
  1. 理事(保護者)は8名を会員の互選により選出する。
  2. 理事は理事会を構成し、本会全般の運営に関し審議すると共に全ての立案計画、予算案・決算の作成その他、緊急事項に関して審議し、決定する。
  3. 会長は必要に応じて理事会を開催する。
  4. 理事の4分の1以上の要望により、会長は理事会を開催する。


(選任及び任期)第5条
  1. 役員は理事会で選出し、総会の承認を受ける。
  2. 役員の任期は子弟の在籍期間とするが、後任者の就任まで存続する。
  3. その他の役員は会長が指名する。


(役員)第6条
 本会の役員は次のように定める
  • 会長:1名
  • 副会長:2名
  • 幹事:4名
  • 監査:1名
  • 顧問:2名


(任務)第7条
 役員の任務は次の通りとする。
  1. 会長は本会を代表して会務を総理する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある場合はその会務を代行する。
  3. 幹事は会長及び副会長を補佐し、会の運営にあたる。
  4. 監査は本会の業務及び金額の出納を監査し、その結果を総会に報告する。


(事務局)第8条
 事務局は書記・会計等の事務を執行する。事務局は本学の学生課・経理課に委嘱する。

(顧問)第9条
 学長・学部長を顧問とする。

(事業)第10条
 本会はその目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 学生の課外活動の支援及び援助
  2. 教育・研究活動の協力
  3. 奨学制度事業
  4. その他本会の目的にかなうもの


(会費)第11条
 本会の経費は会費をもってこれにあたる。会費は年20,000円とする。
 徴収方法は学費納入時とする。

(会計年度)第12条
 本会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。

(総会)第13条
 定期総会は年1回開くものとする。

(会則変更)第14条
 本会の会則の変更は総会出席者の3分の2以上の賛成を得なければならない。

(運営)第15条
 本会の運営に必要な細則は、会長が役員会に諮り決定する。

附則
 本会会則は平成6年4月1日より実施する。
 平成7年3月25日改正
 平成11年3月27日改正
 平成15年3月22日改正

受験生向け情報

  • 受験生の皆さま向け情報はこちらへ

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

注目コンテンツ

  • スーパー特待生入試案内
  • 資格特待制度について
  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
    テレメールによる資料請求

第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール