長崎ウエスレヤン大学学生便覧
Student Handbook

学生便覧HOME
大学HOME
事務手続案内 教務・履修ガイド 学生心得 学生生活支援 学内施設 海外での教育プログラム&国際交流 学則・諸規定 学校案内図 年間行事
教務・履修ガイド
授業
欠席届
履修
試験
成績・GPA
資格取得
各学科カリキュラム
成績・GPA

(1)成績評価

 本学では次の基準で成績評価を行い、合格の場合にのみ単位を認定します。

2012年度以降入学生適用
素点評価 1単位あたりの
グレードポイント
成績表示 評価内容
100〜90点 4 AA 合格
89〜80点 3 A
79〜70点 2 B
69〜60点 1 C
59点以下 0 D 不合格

(2)GPA制度

 GPAとはGrade Point Average の略で、全登録科目で得たグレードポイントの1単位あたりの平均値です。0.00〜4.00の数字で表記されます。このGPAは全体的な学力を評価する指標として用いられます。学期ごとに配布される「成績確認書」には、1年次からの全ての履修登録科目の「累積GPA」と、学期ごとのGPAの2種類が記載されます。GPAは履修登録された全ての科目を対象として算出しますので、不合格(D)評価となった科目(グレードポイント0)も含みます。ただし、認定科目(他大学・短期大学等からの編入時の認定科目)はGPA評価の対象外となります。

<計算式>GPA [(科目の単位数)×(成績評価グレードポイント)]の総和

登録科目の総単位数(不合格科目の単位を含む)
<計算例> 2012年度以降入学生適用

成績 単位数 1科目あたりのGP GP
科目1(93点→AA・ 合格 ‥‥ 2単位 × 4 8
科目2(87点→A・ 合格 ‥‥ 4単位 × 3 12
科目3(71点→B・ 合格 ‥‥ 4単位 × 2 8
科目4(65点→C・ 合格 ‥‥ 1単位 × 1 1
科目5(52点→D・ 不合格 ‥‥ 2単位 × 0 0

総単位数 13単位 GPの総計 29
上記例の場合 …… GPの総計29 ÷ 総単位数13 = GPA2.23
その他の例 …… 全科目を90点以上で合格すれば → GPAは4.00ポイント(最高点)
全科目を60点(単位取得最低点)で合格すれば → GPA は1.00ポイント
※2011年度以前入学生の場合 93点→A
このページのトップへ

(3)GPAによる優遇制度・成績表彰

[優遇制度]
 1年次後期以降の累積GPA が3.5以上の者は、一学年上位に配置された科目に限り各学期8単位以内まで履修できます。

[成績表彰]
学 長 賞 @各学期内に20単位以上修得し、学期GPAが4.00の者
A卒業時に卒業要件を満たし、かつ累積GPAが3.50以上の者のうち上位者
成績優秀賞 @各学期内に20単位以上修得し、学期GPAが3.50以上の者
A卒業時に卒業要件を満たし、かつ累積GPAが3.50以上の者(学長賞受賞者を除く)

(4)GPAによる履修制限・指導

@ 学期GPAが2学期連続して1.00未満の者は、学生委員会およびゼミ担当教員により次学期履修登録までに勧告・指導・助言を行います。

A 上記@の指導に基づき、それ以前にグレードポイントが0の科目を累積GPAに算入しないことができます。(学業精算制度)ただし、この権利を行使できるのは在学中一度までとします。

B 累積GPAが1.00未満の者は、「専門演習II」の履修登録ができません。

C 学期GPAが3学期連続して1.00未満の者には学部長が退学を勧告します。ただし、累積GPAが1.00以上の場合と上記@の勧告・指導・助言が適用されていない場合は、退学勧告対象としません。


(5)履修取消

@ 履修登録した科目の中に、何らかの事情により履修し続けることが困難な科目がある場合、各学期にそのような科目の登録を取り消すための履修登録変更期間が定められています。これにより該当する科目がD(不合格)評価となることでGPAが下がることを回避できます。ただし、履修登録変更期限を過ぎて取り消すことは一切できませんので、十分注意してください。(履修登録変更期限はこちらを参照)

A 疾病等やむを得ないと認められる事情により授業への出席が不可能になった場合に限り、所定の書類を提出し、教務委員長の許可を受けた科目については履修登録を取り消します。


※科目選択や履修方法および単位計算等に関しては、卒業資格認定・資格取得のための重要事項ですから、疑問や不明点は学生間や学生個人によって自己判断することのないよう、気軽に教育企画課まで問い合わせてください。

このページのトップへ