福祉と心理のブログ。|現代社会学部・社会福祉学科|学部・学科

社会福祉学科の特色ある情報を学科から発信します。
お問い合わせ 【教育企画課: 教務担当】
〒854-0082
長崎県諫早市西栄田町1212番地1
TEL(0957)-26-1234
FAX(0957)-26-2063

【CSL】「フードドライブを活用した留学生への食糧支援」へのご協力のお願い

2020年6月29日 (月曜日) 17:08 | 投稿者:【social

こんにちは。

「グローバル・コンピテンシー育成を目的とした地域づくり支援プログラム」(担当教員:登り山(経済政策学科)、波名城(社会福祉学科))では、

新型コロナウイルス感染症により、生活に困窮している諫早市内の留学生への支援としてフードドライブを活用した食糧支援の取り組みを行っております。

今回は食糧(野菜、お米、缶詰、素麺など)のご提供のお願いの動画を作成致しました。


下の画像をクリックして頂いたら動画がご覧いただけます。
20200629-____________________5_.jpg

左から、登り山先生、カドカ ウプレティ ディパさん(外国語学科2年生)、本村 航希さん(外国語学科2年生)



こちらからは写真です。

20200629-p_20200629_151005.jpg


20200629-p_20200629_154704.jpg

20200629-p_20200629_160219.jpg

もし、ご家庭で余っている食糧(野菜、お米、缶詰、素麺など)等など御座いましたら、「いさはや国際交流センター」までお届けください。私たちが食糧等をお届けします。

よろしくお願いします。

いさはや国際交流センターHP
https://nnisahaya.wixsite.com/kokusai


TEL 0957-43-0085   080-5217-0049


                                  文責;波名城

【CSL】「フードドライブを活用した留学生への食糧支援」に取り組みます

2020年6月27日 (土曜日) 22:34 | 投稿者:【social

こんにちは。

「グローバル・コンピテンシー育成を目的とした地域づくり支援プログラム」(担当教員:登り山(経済政策学科)、波名城(社会福祉学科))では、

新型コロナウイルス感染症により、生活に困窮している諫早市内の留学生への支援としてフードドライブを活用した食糧支援の取り組みを行うなうことになりました。

フードドライブとは、「家庭などで余っている食べ物を持ち寄り集める」取り組みで、家庭で余っている食品を必要としている人に届けることができます。日本では生活支援等の福祉的手法として広がっています。

今回は、いさはや国際交流センターさんと協力・連携し諫早市で生活される留学生の支援を目的にフードドライブを行いたいと考えています。

担当教員、リーダーの学生と「いさはや国際交流センター」(諫早市多良見町)へ主旨の説明等を行いに伺いました。

20200627-p_20200626_132828.jpg
いさはや国際交流センターの入り口です

20200627-p_20200626_131606.jpg
諫早市に住まれている外国籍の方の国籍と人数、国の時間が分かります。

20200627-p_20200626_132848.jpg
主旨説明、意見交換会の様子

20200627-p_20200626_134048.jpg
左から、登り山先生、佐々木君(経済政策学科2年生)、柴原さん(外国語学科2年生)、いさはや国際交流センター事務局 岩本さん

20200627-p_20200626_132515.jpg
活動されていた多良見クラブの皆様にもお願いに伺い、一緒に健康運動にも参加させて頂きました。


意見交換会をさせて頂き、7月25日(日)までフードバンクを行うことになり、いさはや国際交流センターさんに食糧の受付の中心となって頂くことになりました。

もし、ご家庭で余っている食糧(野菜、お米、缶詰、素麺など)や生活用品(未使用品)など御座いましたら、いさはや国際交流センターさん、大学では、登り山、波名城までご連絡頂きましたら伺いますので、どうぞよろしくお願い致します。

いさはや交流センターHP
https://nnisahaya.wixsite.com/kokusai/page2
TEL 0957-43-0085 080-5217-0049

                                 文責:波名城

【社会福祉学科】民事信託についてご講義頂きました。

2020年6月18日 (木曜日) 10:06 | 投稿者:【social

高齢化に伴う認知症の方の増加や判断能力が難しい障害者等から生活を守るために成年後見制度などの制度が整備されています。

本人を守るための明確なルールに沿った財産管理がされますが、「家族のために財産を使いたい」や「継続的な費用がかかる」などの理由によって同制度の利用が難しい方もいらっしゃいます。

そのため、近年は新しい制度として「民事信託」が注目されています。民事信託は、予め本人が財産の管理処分方法を決めて、財産を託す親族との間で契約するなどで成立し、本人が将来、認知症になっても死亡したとしても契約で定められた終了のときまで本人の意思が尊重された財産管理が可能になります。

長崎県ではあまり知られていないという背景から、今回、長崎県内で民事信託に取り組まれている「相続コンサルタントしゅくわ事務所」の宿輪徳幸先生に民事信託についてご講義をお願いしました。

20200618-p_20200617_111725.jpg

20200618-p_20200617_115832.jpg

福祉の分野では成年後見制度に加えて、今後必要となる制度ということもあり、学生も興味深く受講していました。


文責:波名城


【在学生紹介シリーズ】Vol.7〜社会福祉学科2年生 石橋 昇磨さん

2020年6月08日 (月曜日) 08:44 | 投稿者:【nwuadmin

長崎ウエスレヤン大学の在学生は、大学のみならず様々な分野において活躍しています。

ここでは、在学生の皆さんにインタビューした、これまでの学びや活動、そして後輩へのメッセージなどを紹介していきます。

今回は、社会福祉学科2年 石橋 昇磨さんです!

本年度の学びへの抱負
 今年は、精神保健福祉士関係の資格に直結する講義がすごく多くなったので内容はすごく難しくなりました。また、コロナウイルスの影響でオンライン講義になったけど、しっかりと学んで行きたいと思います。

これまでの本学での学びと学生生活の感想
 大学生になった昨年一年間で、様々な人と出会いがありました。学業だけでなく、私生活でも人としての成長も感じられる年でした。

将来何を目指し、どのような努力をしているのか
 将来は、社会福祉士、精神保健福祉士の資格を取得し社会福祉協議会で社会の大小様々な問題を解決していく仕事をしていきたいと考えています。まずは、国家試験受験資格の条件を満たせるように頑張ってます。

後輩へのメッセージ
 昨今のコロナウイルスの影響で様々な問題がまだ残っているけど、何かあったら何でも相談してください。私も高校の時は周りの方々に相談し、そして助けていただきました。自分で抱え込まず、先輩や先生に遠慮なく頼ってください。

ス盥酸犬悗離瓮奪察璽
 自分は高校生活の時に趣味がなかったけど、今では先輩や同級生から教えてもらったギターを楽しく過ごしています。今なにもなくても大学で楽しいことや勉強する意味見つけられると思います。

null



【在学生紹介シリーズ】Vol.6〜社会福祉学科3年生 川田愛実さん

2020年6月06日 (土曜日) 07:30 | 投稿者:【nwuadmin

長崎ウエスレヤン大学の在学生は、大学のみならず様々な分野において活躍しています。

ここでは、在学生の皆さんにインタビューした、これまでの学びや活動、そして後輩へのメッセージなどを紹介していきます。

今回は、社会福祉学科3年 川田 愛実さんです!軽音部部長も務める川田さんにご注目下さい!

null


Powered by nucleus.

受験生向け情報

  • 2021年度 受験生向けガイドブック
  • 長崎ウエスレヤン大学 ビッグバンド特待生
  • スポーツ特別入試についてはこちら

注目コンテンツ

  • 教育研究上の基礎的な情報
  • テレメールによる資料請求はこちら
     テレメールで資料請求する
  • 長崎ウエスレヤン大学 学生がつくるCMプロジェクト
  • 長崎ウエスレヤン大学×夢ナビTALK | 3分で学問を伝えよう。

現代社会学部 学科

  • 経済政策学科
  • 外国語学科
  • 社会福祉学科

在学生向け情報

  • 学修支援 e-learning

ソーシャルネットワーク

  • ソーシャルネットワーク情報はこちらへ


第三者評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • SSLのサインシール