ABOUT
CHINZEI

大学の概要

 

建学の精神・教育理念

鎮西学院大学は、キリスト教の信仰から生まれる価値観を基盤とする大学です。こうした建学の理念に基づき、倫理性の高い、優れた教養と専門的知識・技術を有する国際的に有為な社会人を育成します。

国際的に有益な社会人の育成

鎮西学院大学は、キリスト教の信仰から生まれる価値観を基盤とする大学です。こうした建学の理念に基づき、倫理性の高い、優れた教養と専門的知識・技術を有する国際的に有為な社会人を育成します。本学は特色ある教育研究活動を通じて、地域社会の発展に寄与することを目的とした大学です。

建学の精神

平和をつくりだす人 教育の目標「アデルフォス」
鎮西学院大学は、世界の姉妹校、また地域社会の強い要請と援助を受け、鎮西学院創立120年を記念して、2002年に開学しました。 本学の母体である鎮西学院はキリスト教精神を「敬天愛人」とし、神を敬愛し、隣人に奉仕する人を教育の目標としてきました。この校訓を大学においてさらに発展させ、神を敬愛し隣人愛に生きる「アデルフォス」(兄弟姉妹)を育成することと定めました。鎮西学院大学の教育使命は「アデルフォス」を育成することにあります。
共通の価値(ウエスレヤン)
「ウエスレヤン」とは、18世紀イギリスで活躍した偉大な牧師、社会運動家、ジョン・ウェスレーの教えを受け継ぐ者をさしています。ウエスレーの世界宣教はプロテスタント・キリスト教のなかから大きな流れをつくり、アメリカで成長しました。その教えは、「人は自分自身を新しくつくり変えることができる」と言うもので、自分をつくり変える根源的な力は、神への敬虔なる信仰であり、「敬天」という二文字にこめられています。自己の深いところで神と固く結ばれた人は、人を愛し、世界へと向かっていく。このことが「愛人」という文字に表わされています。ウエスレーの教えは、人が使命感をもって生きる秘訣として受け継がれ、世界に広まりました。このように「ウエスレヤン」は、ウエスレーの教えを受け継ぐ者を意味しています。
ウエスレーの流れをくむアメリカ人宣教師ロング博士はBoys be Christian Gentlmen(青年よキリスト者紳士たれ)と唱えて、1881年長崎市東山手にカブリ英和学校を創設しました。それは鎮西学院となり、今日まで130年の歴史を導いてきました。
一つの使命、三つの目標
鎮西学院大学は、新しい時代に向かって「アデルフォス」教育を使命とします。この使命を果たすために
1.建学の精神に生命を吹き込んできたチャペル活動において、敬虔を養成します。
2.隣人愛に支えられた福祉マインドを育てます。
3.地域と世界に向かって平和をつくりだす人材を育成します。

大学の基本理念

つなげる つながる いっしょに歩む
成長の学びを支える鎮西学院大学
1881年、宣教活動のため日本に来た年若きロング夫妻は、テネシー・ウエスレヤン大学でカブリ-博士の未亡人から、日本の若い人々の教育のためにと託された2ドル銀貨と、多くの有志者から寄せられた献金をもとに、東山手の地に鎮西学院の前身である、“カブリ-・セミナリー”を設立しました。その後、1945年の原爆投下によって大きな被害を受け、翌年には諫早の地で新しいスタートを切ったのです。
19世紀に、アメリカの若き宣教師に託された思いが、キリストの教えとともに長崎の若いに人びとにつなげられ、21世紀の今につながっています。そしてそこには、いつも学生達とともに、汗や涙を流してきた教職員の姿があるのです。
時代が変わった今でも、私たちの使命は変わっていません。人生の設計図が描きにくい時代だからこそ、人間関係に悩む若い人たちが多い時代だからこそ、彼らの持つ潜在的な力を信じ、それを開花させるために、私たちは、この4年と言う限られた時間の中で、学生たちを社会へ、そして世界へとつなげ、ともにつながり、未来に向かっていっしょに歩みたいのです。
なによりも、諫早の地の緑豊かな小さなキャンパスでの出会いを大切に、ひとりひとりの成長の学びを支える大学でありたいと願っています。

鎮西学院大学の長期ビジョン

  • ・学生の可能性を最大限に引き出し、世界に羽ばたく人材を育成します。
  • ・家族・地域・大学が一体となって教育に取り組む新体制をつくり、さらなる地域密着を実現します。
  • ・未来の「エンジン」たる教職員の育成及び支援体制を構築します。
  • ・ウエスレヤン資源の利活用により新たな利益を産み出します。

鎮西学院大学の中期目標

鎮西学院大学では、今後5カ年(2012年度~2016年度)を長期ビジョン実現のための基盤固めとして位置づけ、以下の4つの戦略テーマに則った大学経営改善計画を実施することとしています。
  • 学生募集の新たなモデルと入学定員の確保
    アジアと九州をターゲットとする新たな学生募集モデルを構築し、潜在能力のある学生を獲得することにより、入学者を安定的に確保する。
  • 体系的な教育プログラム構築
    学生支援、キャリア支援と教育課程を体系化し、学生の潜在能力を最大限に引き出す。
  • 学生の満足度を最優先とする教職員のモラール共有
    個々の学生の満足度・教育研究の質を高めるために教職員が自覚をもつ。
  • 「活動する学生」
    海外協定大学・地域・保護者とのパートナーシップを構築し、学生に豊富で多彩な学習活動の機会を提供する。