DEPARTMENT OF
ECONOMIC POLICY STUDIES

現代社会学部 経済政策学科

 

学びの内容・進路・資格EDUCATION / CAREER

経済政策学科は、地域密着型の行政・ビジネスの担い手を養成します。

POINT学びのポイント

POINT01

POINT 01

公務員・教員養成分野を学び、
地方創生のフロントランナーを育成

学科専門教育科目「特別講義」(公務員対策講座)を開設し、1年次から公務員試験に対応した試験突破力を伸ばします。また、地域活動の積み重ねを通して、地域課題解決力を育む教員を育てます。

POINT02

POINT 02

国際経済・観光分野を学び、
コロナ時代の新たな産業で活躍する

学びと活動の体系化を通して応用力の高い人材を育成します。学内の留学生との交流により語学力・多文化受容力、また、リモート技術を高め、観光・貿易・国際協働で活躍する人材を輩出します。

POINT03

POINT 03

食・農業分野を学び、
地場産業の高度化に貢献する

農林水産業、製造業、流通業、飲食店など市場規模が大きい食品産業には、事業基盤強化、農商工連携推進、流通合理化などの課題があります。これらを解決するイノベーションの担い手を育てます。

経済政策学科での学び(ディプロマポリシー)

【経済政策学科の学位授与の方針】
本学科においては、以下のような能力を有し、かつ所定の単位を修得した学生に対して卒業を認定し、学位「学士(経済政策学)」を授与する。

1

知識・技術力:経済学、経営学の基本的な考え方や理論を理解できる。

2

問題解決力 :現代経済における諸課題を発見・分析し、その結果を記述・表現できる。また、公共政策、産業、教育、文化・スポーツ、社会の諸問題・課題に対して専門的な知識と技能とを統合し解決に向かうことができる。

3

コミュニケーションスキル:グローカルに展開されるビジネス分野において、言語・文化・社会を基盤とした多様なコミュニケーションができる。

4

社会関係形成力:グローカルに展開されるビジネス分野において、新たなコミュニティを形成したり、既存のコミュニティにおいて中心的役割を果たすことができる。

5

多文化受容力: 国際感覚及び教養を身につけ、専門的な知識や技能を背景にグローカルな地域経済振興の担い手としての行動ができる。

6

自己実現力:基盤教育及び学科専門教育課程での学修を通して、グローカルな判断力、コミュニケーション力、継続的な自己学習およびさまざまなコミュニティの中での多様な分野での協働に取り組む意欲等を涵養し、それらの統合をを通して、平和で多様性に富んだ共生社会を担うための社会人基礎力を有した行動できる。

教育課程の編成方針(カリキュラムポリシー)

【経済政策学科の教育課程の編成・実施方針】
本学科の教育課程は、次のような方針でカリキュラムを編成します。

1モジュール型の専門科目学修プログラムによる知識や技術の習得

1年次では経済、経営、公共政策、国際化、データサイエンスに関する基礎的・基本的な知識や技術の修得を目指し、2年次以降は、より確実なものにするために各コース内での職業的レリバンスを意図した専門的なテーマモジュール型科目編成を行う。その際、公共政策、東アジアを中心とする国際ビジネス、観光、フード、教育、文化・スポーツマネジメントの各分野における地域問題・課題の解決に応用するためのモジュール群を配置するとともに、強化された学部共通の基盤教育科目によってグローカル時代に対応する実用的語学能力、多文化受容力、東アジアを中心とする国際ビジネスに通用する高い教養、基礎的なデータサイエンスをはじめとしたDX時代に対応できる能力などを高めるためのモジュール群を配置する。

2体験・参加型学習の重視

講義で得た知識や技術を現場で演習・実習として体験することで、より具体的なものとして学修する教育を行います。また、演習・実習現場での新たな問題・課題の発見は次の学びのテーマとすることで問題探究の過程を学修につなげ、エンプロイヤビリティの体得へと発展させる教育効果を狙った体験型学修を重視しています。学生のエンプロイヤビリティの養成のために海外大学、地方公共団体、産業との連携協定を通して創出した諸資源を活用していく。
具体的には低学年においてはCSLゼミ、ビジネスコミュニケーション演習、短期海外留学、国内外の短期インターンシップ、社会調査演習など、高学年においてはCSLゼミにおいて国内外での長期インターンシップやPBL、協定を締結している大学などでの留学生との共修プログラムや交換留学、社会調査実習など、統合的に積み上げるタイプの教育プログラムを配する。

3主体的に学ぶことを重視

体験型学修を通した新たな問題意識は、卒業研究における論文やプロジェクト報告書のテーマとして取り上げることで、思考力・判断力・表現力の向上とともに主体的に学び続ける力、課題を解決するための実践力をつける教育を重視している。また、正課におけるキャプストーンとしてのCSLゼミにおいて長期インターンシップ、産学官協働の課題解決型プロジェクト活動、地域国際化に関する様々なプロジェクト活動、イベントの企画・運営に関する地域振興活動、高大連携プロジェクト活動、協定を締結している地方自治体教育行政と連携した地域における小・中学生への社会教育活動、すなわちPBLへ全員参加する。自ら行動する力、自ら能力開発できる力、コミュニケーション力、社会的関係形成力を統合し、高いエンプロイヤビリティの育成する教育を重視する。

4独自のブレンディッドラーニングを通したテーマモジュールの積み上げ

講義、基礎的なデータサイサイエンス、eラーニング、演習、実習を往還させCSLゼミの中での統合を通して「わかる」から「できる」への学修過程を積み上げる。それが本学科カリキュラムにおいてはテーマモジュール群として配置される。職業的レリバンスを企図した各テーマモジュールの学修を通して、学生は高いエンプロイヤビリティを身に着け、希望進路実現につなげる。

5社会人基礎力の涵養

強化された学部共通の基盤教育科目および学科専門科目のカリキュラムの積み上げを通して、高度なエンプロイヤビリティを備えた主体的なキャリア形成を目指すことを重視しています。また、それらの能力を十分に身に付けさせ、学生本人の希望進路実現にむけた多面的な教育活動およびキャリア支援活動を展開する。

【経済政策学科の教育目標】
本学科は、経済、経営、公共政策、国際化、データサイエンスを基礎に、公共政策、東アジアを中心とする国際ビジネス、観光ビジネス、フードビジネス、教育、文化・スポーツマネジメントの各分野に関わる専門的な知識をコース配属に合わせ身につけてもらいます。それを基本に、国内外の地域課題解決力と総合的なコミュニケーション能力を有したビジネスパーソンになるために必要な高いエンプロイヤビリティを育成することを目標としている。

アドミッションポリシー

【学科が求める人材像】

1

経済学、経営学や地域政策学などの事業やビジネスに関連する諸分野に関心をもつ人

2

人づくりをも含めた豊かな地域づくりや地域経済の持続的発展のための諸課題を多様なビジネス的な手法を用いた解決に関心を持つ人

3

公共政策、国内外の観光ビジネス、国際(東アジア)ビジネス、食や商品開発・マーケティング、教育、文化・スポーツマネジメントなどのビジネスに関心を持つ人

4

主体的・対話的で深い学びに関心をもつ人

5

大学で学修した専門知識や卓越したアクティブラーニング技能を活用し、的確な指導ができる中学校・高等学校教員を目指す人

6

正課内の学修活動、さらには正課外活動に主体的かつ真摯に取り組む強い意欲や協調性を有する人

【入学選抜の評価方法】
以上の様な関心や意欲の度合いを、①様々な教科・科目の評定、②資格取得状況、③主体的で深い学びに関する活動などを、総合的に推薦・総合選抜型入試における面談等で尋ねる。また入学後のプレスメントテストの結果に応じて、フォローアップしその後の学びに備える。
外国人留学生選抜に関しては、①日本語、②小論文、③面接テストの3点について総合的に評価を行い、選抜する。また、本学科での学修活動を行う上において日本人学生との共修に十分耐えうることができるかどうかについても選抜の中で確認する。

【その他】
小規模大学のメリットを活かし、学生の興味や進路希望に従って学科横断的に他学科の科目を履修することにより、幅広く学修を進めることができる。さらに、正課外教育においても、国際・キャリア・資格取得などをキーワードに各種プログラムを設定し、実践的な能力向上を支援する。

 

COURSEコース選択による学習分野

経済コース
経済コースでは、経済学の理論から実務に関する基礎的な知識を学び、地域経済をはじめアジア経済、世界経済における企画立案能力や課題解決能力を身につけて、実際に遂行していくことのできる人材の育成をめざします。
経営コース
経営コースでは、実在する企業の事例やビジネスモデルを基に企業能力に関わる仕組みやノウハウ、お金に関する知識を学び、将来的に起業や企業経営に携わって、ビジネス社会で活躍することのできる高いスキルを持った人材の育成をめざします。
地域政策コース
地域政策コースでは、地方創生・観光をはじめとする地域活性化から国際協力に至るまで、国内外の地域課題に対して、その問題点を発見し、多角的な視点で問題を捉えながら、課題解決へと導くことのできる高い能力を持った人材の育成をめざします。

RESEARCH / CAREER主な研究テーマ/進路

学生の主な研究テーマ
  • フィットネス文化は今後経済の柱となりうるのか
  • 小売店や外食産業における高齢者食取扱いの現状とその開発の条件
    ―諫早市を事例に―
  • 農産物直売所の利用客の減少要因と経営持続条件
  • 長崎県における二次交通の現状について
  • 優秀なリーダー育成論
  • 地域に潜む資源と地域振興のための考察
  • 鬼滅の刃から見た経済活性化について
  • フリーマーケットから考える地域のつながり
  • スポーツが地域政策に与える影響について
  • 世界に誇る日本文化の温泉でタトゥーが認められる未来
  • 長崎県における高大連携教育が持つ可能性
  • 中学の部活動における体罰問題
  • みかん栽培農家における収穫労働力の確保
  • 産官学連携による観光商品開発および観光まちづくりについて
    ー伊王島観光活性化事業を事例にー
  • 諫早ステフェスを用いた諫早市の活性化
  • eSportsの現状と将来性について
期待される進路
  • 経済政策学科では、卒業生が次のような分野で活躍することを期待しています。
  • 市民・住民団体等とのパートナーシップのもと、地域政策および地域経営に関わるさまざまな手法を用いて、地域内のあらゆる社会的課題の解決に貢献できる地方自治体職員(行政職・教育委員会)
  • グローカルな地域課題の解決を事業として取り組むことのできる問題解決能力と総合的で高いコミュニケーション能力を備えた国際観光、地域観光、ホテル旅館業、貿易産業の担い手。
  • 地場産業の持続的発展、地域経営を支える商工会・商工会議所・地方銀行・信用金庫・信用組合職員。
  • 持続可能な地域経済を創造する地場産業の経営者。
  • 国内外の流通、商業、製造、金融・保険、サービス等の一般企業の企画・商品開発・広報・営業部門や、地場産業や商店街などのグローカルな地元密着型ビジネスの担い手。
  • 持続可能な地域づくりに貢献できる人材を育てる『ふるさと教育』に強い中学社会科・高校公民科教員。
  • 国内外において、高齢者・障害者の介護・福祉、共働き実現、青少年・生涯学習、文化や観光など地域資源の有効活用によるまちづくり・まちおこし、環境保護、貧困問題等に関する社会貢献事業(ソーシャルビジネス)に取り組むコミュニティビジネスやNPO、NGO等の各種団体・組織職員。
想定される就職先
地方公務員(行政職・教育委員会) 商工会・商工会議所 貿易、国際関係業務
観光協会などの公的観光関係団体 農協・漁協、農業法人などの各種団体 食品・飲食産業
NPO・NGOなどの公益法人 銀行・信用金庫・信用組合 旅行業
ホテル旅館業 保険業 その他一般企業(企画、流通、広告、
総務、運輸、販売、サービス、
製造、営業職)
教師(中学社会科・高校公民科) 日本語教師 大学院(経済系・経営系・地域研究系・
地域経営系・社会開発系・文化・
教職系・観光系など)

CERTIFICATION取得できる資格

経済政策学科で支援している資格取得、対策講座等をご紹介します。

本学で授業を受けることにより取得可能な資格
  支援講座有無 就職有利度 進路就職先
社会調査士   ★★ 一般行政職の公務員、企画職、調査職など
中学校教諭一種免許(社会)   ★★ 中学校
高校教諭一種免許(公民)   ★★ 高等学校
日本語教師   ★★★ 海外日本語学校
取得目標の資格
  支援講座有無 就職有利度 進路就職先
簿記(日本商工会議所2級以上) ★★ 行政、商工会、商工会議所、一般企業など
TOEIC750点レベル以上 ★★★ 貿易会社、旅行会社、英語教師など
英検準1級以上 ★★★ 貿易会社、旅行会社、英語教師など
総合旅行業務取扱管理者
国内旅行業務取扱管理者
  ★★ 旅行会社など
観光英語検定2級以上   ★★ 旅行会社、観光協会、ホテル旅館業など
歴史能力検定日本史2級以上 ★★ 旅行会社、観光協会、ホテル旅館業など
通訳案内士   ★★★ 旅行会社、観光協会、ホテル旅館業など
旅程管理主任者資格   ★★ 旅行会社、観光協会など
中国語検定HSK4級以上 ★★ 旅行会社、観光協会、ホテル旅館業、貿易業など
韓国語能力試験TOPIKⅡ4級以上 ★★ 旅行会社、観光協会、ホテル旅館業、貿易業など
長崎歴史文化観光検定2級以上 旅行会社、観光協会、ホテル旅館業など
食品衛生責任者   ★★ 食品・飲食産業、ホテル旅館業など
世界遺産検定2級以上   旅行会社、観光協会、ホテル旅館業など
旅行地理検定1級 旅行会社、観光協会、ホテル旅館業など
通関士   ★★ 貿易業